さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

台風19号、被害明らかに 津久井地域の住民に聞く

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
㊧崩落した道志みちの脇道(青野原)㊨土砂が崩れ通行止めとなった県道64号伊勢原津久井線=いずれも10月16日
㊧崩落した道志みちの脇道(青野原)㊨土砂が崩れ通行止めとなった県道64号伊勢原津久井線=いずれも10月16日

 台風19号は日本各地に甚大な被害をもたらした。相模原市内の被災状況をまとめ、被害の大きかった津久井地域の人の声を聞いた。(10月21日起稿)

 市危機管理局によると、10月20日午後8時時点で、6人が死亡、2人が行方不明(いずれも緑区)となっている。停電は、中央区700戸、南区300戸、緑区4600戸(20日午後8時時点では青根で約100戸)で発生した。

 また、14日午後1時時点、緑区内で発生していた約7600戸の断水は、19日午後8時10分に全域で解消。建物損壊はいずれも区内で、全壊8棟、一部損壊6棟、床上浸水6棟、床下浸水9棟。避難者は3区で6110人(20日午後8時時点では緑区で12人)にのぼった。

 青根地域振興協議会の関戸正文会長は、「国道413号は前回(昨年10月の台風24号による土砂崩れで通行止め。今年4月19日に暫定開通)と違って路面自体が崩落してしまい、土砂を除去すればいいというわけにいかなくなった。青根中学の上の山が崩れて数軒が被害を受け、避難所で生活をしている方もいる。電気や水道などのライフラインは復旧し落ち着きつつあるが、雨などによる二次災害が懸念される。この地域はどこをとっても山ばかり。心配は尽きない。今後のことは徐々にやっていくしかない」と話した。

 牧野地域振興協議会の名久井孝昭代表取締役は、「生活道路が通行止めになり、通勤通学に不便が生じている。自宅が損壊し、公共施設で避難を続けている人もいる」と話した。同協議会が運営している藤野やまなみ温泉では、自宅の損壊などで入浴が困難な人に対して、日常の生活に戻るまで浴場を提供していくという。

 串川地域振興協議会の小室誠会長は、「地区内の各自治会にそれぞれ被害状況を調査してもらい、25日までに報告してもらうことになっている。調査に基づき、協議会の下部組織である串川地区災害対策委員会から、被災された方々に見舞金を出す予定」と話した。

 相模湖駅前で橋本薬局を営む橋本和道さんは、「報道されている以上に被害は大きく、暮らしに影響があった。特にJR中央線が運休していたので、通勤通学者はバスを使って三ヶ木経由で橋本まで行かざるを得ず、交通渋滞も重なり、いつもより1時間以上も時間を要するなど苦労も多かったと聞く」と話した。

 相模湖交流センターの松田善彦館長は「当館は市から一時避難所の指定を受けており、台風の日は近隣のホテルに滞在中の外国人ツアー客約50人が避難した。私は八王子から通っているが、台風通過後も18日までは中央自動車道、国道20号ともに通行止めになっていたため、城山方面から国道412号というルートしかなく、渋滞もひどかった」と話した。

県市、水など提供

 被害を受け、県は鳥屋、青野原、青山地区での給水を実施したほか、市も住民らに食料、飲料を提供。停電している地区の在宅避難者には発電機の貸し出しを行った。

台風後の国道413号(道志みち)=14日、青野原小中学校での給水の様子=16日、渋滞する国道412号(相模湖付近)=18日
台風後の国道413号(道志みち)=14日、青野原小中学校での給水の様子=16日、渋滞する国道412号(相模湖付近)=18日

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

日赤に清浄機と寄付金

日赤に清浄機と寄付金 経済

津久井中央・橋本RC

1月14日号

アリオに神社が出現

アリオに神社が出現 文化

2月15日まで 照天神社

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 市病院協会主催

1月14日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

官民連携で達成めざす

特別座談会続き(第2回)

官民連携で達成めざす 社会

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク