さがみはら緑区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う 高橋 律(ただし)さん 千木良在住 71歳

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

地域の良き伝統を後世に

 ○…昭和40年代頃まで千木良地区の至る所で見られた「醤油しぼり」。「我々の子どもの頃に味わった美味しい醤油、地域に広がる独特の匂いを復活させよう」と、ボランティアで「醤油しぼり」を行う。2011年から始めた活動は、口コミで広がり、今では300人以上から依頼を受ける。こだわりは自身の畑で育てた無農薬の津久井在来大豆と小麦で仕込んだ特製の麹。昔ながらの製法で醤油麹を仕込んでいる人は県内ではなく、その希少価値は増している。「注文が多くなりすぎ、中々対処出来ないが、麹づくりなどの指導は可能。多くの人にこの文化を伝えていきたい」

 ○…脱石油社会を目標にする市民グループ『ちーむゴエモン』の中心メンバー。畑作や炭焼きなどを中心に地元で育てた物を食べ、使えるものは全て使い、廃棄物も地元の土に返すという地産地消に40人程の仲間と取り組んでいる。「醤油しぼりもこの活動の一環。ゴエモンの仲間の助けもあって続けられている」と感謝する。

 ○…相模湖生まれの相模湖育ち。「相模湖は首都圏からも近く、ポテンシャルの大きい地域」。趣味の読書も、最近は地域活性化に関する本を中心に読む程、地元に対する愛着は強い。「少子高齢化で人口減は避けられないかもしれないが、農業などで人を呼び込み、関係人口は増やしていけるはず」

 ○…「多くの関係者の努力で津久井在来大豆の認知は広まっているが、元々は千木良が発祥の地。子どもにその良さを伝えたい」と、定期的に千木良小学校に出向き、大豆の生産や味噌づくりを指導する。「子どもの笑顔から毎日元気をもらっている。その感性は素晴らしく、私が勉強させられてばかり」と笑いながら話した。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

相原中学校在勤 43歳

9月16日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月9日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

南区相模大野在住 49歳

9月2日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

高岡 典彦さん

7月12日付で第37代相模原税務署長に就任した

高岡 典彦さん

中央区富士見在勤 56歳

8月19日号

田中 和亜(かずあ)さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

田中 和亜(かずあ)さん

中央区陽光台在住 48歳

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook