さがみはら緑区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された 土橋(つちはし) 美穂さん 中野在住 50歳

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena

仲間の支えが苦手を力に

 ○…障害者施設「8-18」(大山町)で、仲間と自分たちがやりたいことをして過ごしている。ここ数年は動物の絵を描くことに夢中になっており、独特の画風で描かれた動物が重なっているデザインは、仲間からのアドバイスがあり完成した。「まさか私の絵が採用されると思っていなかったので正直うれしい」と微笑む。

 ○…相模原養護学校卒業後、神奈川能力開発センターを経て、民間企業や複数の障害者福祉サービス事業所で就労した。その後、養護学校時代の友人から紹介を受けて、2018年から現在の仲間たちと過ごしている。相模原公園(南区)のカフェではウェイターをし、西門商店街(中央区)の作業場では得意のビーズ作りを近所の小学生に教えていた。「子どもと遊ぶのが好きなんです」と穏やかに話す。

 ○…町田市の出身。小学4年生の時に相模原へ。並木小・共和中学校を卒業。幼い頃は「お転婆だった」と苦笑する。多くの仲間が住むグループホームで過ごし、近所を散歩するのが趣味。料理が得意で、仲間からは気が利く縁の下の力持ちと信頼されている。気づけば他の作業場などより一番長い時間を過ごす。「ここにいる時間が楽しい。『やめろ』って言われてもここにいたい」

 ○…元々は絵を描くことが苦手だったが、絵にコンプレックスがある所が個性になり採用につながった。「自信になった」と胸を張る。クッキー職人として3Dプリンターを駆使したクッキーの型を販売する「ラッキークッキーカンパニー」代表としての顔も持つ。コロナの影響で先延ばしになっていたが、「早くクッキーの型を販売したい。絵の仕事も増やしたい」と欲張りだ。手にした自信が活動意欲を後押ししている。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

北川 智子さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター長に4月1日付で就任した

北川 智子さん

中央区淵野辺在住 42歳

5月26日号

西 康夫さん

「相模原のカザグルマを守る会」の会長を務める

西 康夫さん

下九沢在住 69歳

5月19日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

中野在住 50歳

5月12日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月5日号

村山 武蔵さん

趣味のドラマ考察やマラソンなどの魅力をユーチューブで発信する

村山 武蔵さん

東京都在住 46歳

5月5日号

宮本 諒子さん

モーニング津久井。のメンバーで相模原市観光親善大使として活動する

宮本 諒子さん

町屋在住 32歳

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook