町田版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

来夏に国際版画美術館で「町田と自然」をテーマに展覧会を開く 田中 彰さん 茨城県在住 30歳

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

木の持つ魅力を引き出す

 ○…「自己表現よりも、その木の持っている魅力を引き出したい」。自然と人との関わりを木版画で表現する新進気鋭の若きアーティストだ。木と正面から向き合う今のスタイルを築いたのは約5年前。ヒマラヤスギを材料に用いた作品を作ったときに「木の面白さに気づいて虜になった」と話す。素材とする木を前に、向き合い、特性を探る。例えば今回の展覧会に用いるエゴノキは歴史を調べると、日本古来の木であり、将棋の駒やおもちゃの材料だった。

 ○…岐阜県に生まれ、武蔵野美術大学の油絵学科で版画を専攻。その後、大学院の版画コースを修了した。これまで「樹について」「木に人を接ぐ」「旅する木」などの個展を開き、数々の賞も受賞した。素材に合わせて彫り込むため、作品づくりには従来の彫刻刀ではなく電熱ペンを使う。「まずは素材ありき。木と向き合い、受け入れると、そこから何かが生まれる」。独自の手法で、温かみのあるイメージと世界観を展開する。

 ○…来夏の企画展に向けての一歩は、素材となる木の伐採から始めた。芹ケ谷公園に立つエゴノキは、子どもたちが木登りを楽しんでいた木だった。再整備で伐採予定となっていたこの木から版木を切り出し、町田の木やそれに関わる活動をする人たちから得たイメージを刻み込む。

 ○…伐採には細かい指示を出した。「木の成長過程とは逆に切っていくことで、その木が生まれた姿に戻っていけるように」。国際版画美術館の外にあった木が作品として再生され、館内に入る。「外の世界と美術館がつながる。相互に関心を持ってもらうきっかけになれたら」。作品づくりはこれから。素材をアトリエへ持ち帰り、木の声に耳をすます、語りかけることから始めるつもりだ。

町田版の人物風土記最新6

北村 友宏さん

「投票所はあっちプロジェクトinまちだ」を立ち上げた

北村 友宏さん

藤の台在勤 45歳

1月20日号

市川 展久さん

第55代町田青年会議所理事長に就任した

市川 展久さん

木曽在勤 38歳

1月13日号

石橋 光穂(みつほ)さん

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める

石橋 光穂(みつほ)さん

小山町出身 20歳

1月6日号

矢舟 テツローさん

市内出身のミュージシャンで、約6年ぶりにアルバムを発表する

矢舟 テツローさん

町田市森野出身 

12月9日号

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook