町田版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

来夏に国際版画美術館で「町田と自然」をテーマに展覧会を開く 田中 彰さん 茨城県在住 30歳

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

木の持つ魅力を引き出す

 ○…「自己表現よりも、その木の持っている魅力を引き出したい」。自然と人との関わりを木版画で表現する新進気鋭の若きアーティストだ。木と正面から向き合う今のスタイルを築いたのは約5年前。ヒマラヤスギを材料に用いた作品を作ったときに「木の面白さに気づいて虜になった」と話す。素材とする木を前に、向き合い、特性を探る。例えば今回の展覧会に用いるエゴノキは歴史を調べると、日本古来の木であり、将棋の駒やおもちゃの材料だった。

 ○…岐阜県に生まれ、武蔵野美術大学の油絵学科で版画を専攻。その後、大学院の版画コースを修了した。これまで「樹について」「木に人を接ぐ」「旅する木」などの個展を開き、数々の賞も受賞した。素材に合わせて彫り込むため、作品づくりには従来の彫刻刀ではなく電熱ペンを使う。「まずは素材ありき。木と向き合い、受け入れると、そこから何かが生まれる」。独自の手法で、温かみのあるイメージと世界観を展開する。

 ○…来夏の企画展に向けての一歩は、素材となる木の伐採から始めた。芹ケ谷公園に立つエゴノキは、子どもたちが木登りを楽しんでいた木だった。再整備で伐採予定となっていたこの木から版木を切り出し、町田の木やそれに関わる活動をする人たちから得たイメージを刻み込む。

 ○…伐採には細かい指示を出した。「木の成長過程とは逆に切っていくことで、その木が生まれた姿に戻っていけるように」。国際版画美術館の外にあった木が作品として再生され、館内に入る。「外の世界と美術館がつながる。相互に関心を持ってもらうきっかけになれたら」。作品づくりはこれから。素材をアトリエへ持ち帰り、木の声に耳をすます、語りかけることから始めるつもりだ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

玉木 靖浩(やすひろ)さん

小山、小山ヶ丘、相原地区を管轄する南大沢署の署長を務める

玉木 靖浩(やすひろ)さん

警視 58歳

11月14日号

三上 豊さん

ウェブサイト「町田市ゆかりの美術家たち」の運営責任者を務める

三上 豊さん

和光大学教授 69歳

11月7日号

岩崎 襟さん

11月から子どもたちに向けて楽しいレスリングの指導を町田で始める

岩崎 襟さん

鶴川在住 39歳

10月31日号

平本 勝哉さん

10回目を迎えた「町田時代祭り」の実行委員長を務める

平本 勝哉さん

 原町田在住 72歳 

10月24日号

山田 高司さん

地域イベント「第1回まち丘の日2019」の実行委員長を務める

山田 高司さん

 大蔵町在住 37歳 

10月17日号

伊藤 啓子さん

町田市一般体操・リズム運動連盟の会長を務める

伊藤 啓子さん

小野路町在住 

10月10日号

井上 祐子さん

ゼルビア×キッチンの専属管理栄養士で、市中学給食にコラボ献立を提供する

井上 祐子さん

野津田町在勤 40歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク