八王子版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

今日10月4日から9日まで開催する「八王子一坪パンまつり」の実行委員長を務める 賀澤 志帆さん 本町在住 30歳

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

外から見る2つの故郷

 ○…「八王子って魅力的なお店や建物が一杯。道を1本入ると自然があったり、旧工場地帯の雰囲気があったり、コロコロと表情を変えるのが街のカラーだと思います」。だったらお店を一カ所に集めたらどうなるのか?そんな発想が出発点だった。キャッチフレーズは「日本一小規模なパンの祭典!」。昨年5月開催時の初日は3時間で用意したパン150個が完売する盛況ぶりを見せた。

 ○…福島県いわき市出身。日本工学院八王子専門学校に通うために18歳で上京。就職で一度離れたものの、再び八王子へ。多摩市の美術商で店長を務めたことも。大きな転機は東日本大震災。幸いにも実家は大きな被害がなく、親族も無事だったが、月に一度は実家に帰れるように仕事を変えた。

 ○…震災後、地元近くで古民家活用のプロジェクトにかかわるうちに、自分の中で「故郷」が大きなものになっていった。「実家は四倉と呼ばれる地域で、取り立てて何もないけれど、すごく砂浜が広い」。一人子なので両親からはそばにいてほしいと要望を受けるが、今は「外にいるからこそ分かる魅力、発信できることがあるはず」と離れた場所から見守る。

 ○…「いわき駅前とどこか似ている。すっかり第2の故郷」という八王子で昨年3月にイベントプロモーション会社を設立。今年の1月からは事務所兼のレンタルスペースを開設している。八王子のイベントに加え、地元の情報も「さりげなく」発信。「自分とつながる人がふえれば、それだけ故郷のことを知ってもらえる」。女性企業家の集いも企画し、人と人をつないでいく。あえて「よそ者」の視点で見ると、八王子の人が気づいていない魅力も見つかるようだ。「まだ掘り起こされていないワクワクが八王子には沢山埋まっているはず」

八王子版の人物風土記最新6

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

女性落語家・真打として地域で落語を披露する

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

市内在住 

11月26日号

大蔵 國宜さん

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける

大蔵 國宜さん

元横山町在住 77歳

11月19日号

小松 由佳さん

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した

小松 由佳さん

椚田町在住 38歳

11月12日号

石井 利一さん

八王子いちょう祭り祭典委員会の7代目会長を務める

石井 利一さん

長沼町在住 86歳

11月5日号

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク