八王子版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

八王子長野県人会 100周年に向け会員増強中 20年目指し「楽しめる」PR

社会

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
90周年の記念誌を手にする白鳥さん
90周年の記念誌を手にする白鳥さん

 八王子市内在住の長野県出身者らで構成される「八王子長野県人会」が2020年に迎える設立100周年に向け、会員増強を図っている。約1年後に迫った記念の年を同郷の友と共に祝いたいという思いがその活動を後押ししている。

 同会は1920年に市内にあった製紙工場で働く、長野県出身の工場長、その従業員らで設立され、現在会の会長を務める横山治安さん(86)は「皆でふるさとを懐かしみながら八王子でも結束を固めようという思いがあったのでは」と設立に至った思いを代弁する。当時、長野から八王子へ上京してくる人は次男、三男坊のことが多く、憧れをもって東京に出てきたと思う、とも。発足当時の会員は128人。徐々に会員数を伸ばしながら、なかには市会議員や会社経営者など、八王子の発展に寄与する人材も生んできた。「長野県人は粘り強い人が多い。だから大成する方が多かったのだと思う」と横山さんは笑顔をみせる。

 そのなかの一人が、大和田町で建設会社を経営する前田定男さん(70)。建物づくりを通して八王子の街の発展に貢献してきた。「友だちの紹介で八王子の建設会社に就職して以来、この街を見てきた。”西八”は、自分の故郷である長野県諏訪市よりも田舎という印象だったね」と振り返り、同時にこれから発展する街という熱を当時の八王子から感じ取っていたのだという。現在、前田さんは自身の会社、(株)相武企業を同会の事務局として提供。会のイベントなどの打ち合わせ場として会のメンバーのよりどころにしている。

 「同郷同士、ちょっとしたイントネーションが合うんだよ。だから皆さんと会うとほっとする」と微笑む前田さん。周年を迎えることに対しては、「すごいことだよね」と感慨深げに語っている。

高齢化が問題

 会員増強にあたる背景には会員の高齢化という問題もある。会の幹事長を務める白鳥守勇さん(82)によると現在会員は200人強で平均年齢は80代近くになるという。そのため、1月の八王子七福神巡りや日帰り旅行など、毎月のようにイベントを開き親睦を深めていることなどを広く周知し、若い会員の獲得につなげていきたい、と白鳥さんは力を込めて話す。「会の合言葉は『ためになる』『たよりになる』『たのしめる』の3つ。特に楽しめるをPRしていきたい」と会長の横山さん。そして、「100周年を多くの同郷の仲間と共に祝い、以後も会員数の維持を図っていきたい」と話している。

 同県人会に関しては白鳥さん【電話】042・665・4893へ。

建設会社を経営する前田さん
建設会社を経営する前田さん

八王子版のトップニュース最新6

もう一度 麦畑を

川口地区

もう一度 麦畑を 社会

経営者ら かつての種栽培

1月20日号

東高校が決勝進出

観光動画コンテスト

東高校が決勝進出 文化

同世代目線 題材は高尾山

1月20日号

フェンシング 全国Ⅴ

東浅川小島村君

フェンシング 全国Ⅴ スポーツ

小学3・4年の部で

1月13日号

八王子市が金賞

シティプロモーションアワード

八王子市が金賞 社会

市民参画など評価

1月13日号

生理の不安 なくしたい

生理の不安 なくしたい 教育

学内に無料ディスペンサー

1月6日号

イオンモールが出店

八王子インター北

イオンモールが出店 社会

2025年春開業予定

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook