八王子版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

金剛院 新住職、名誉住職を披露

文化

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする山田一眞名誉住職。右は一能住職
あいさつする山田一眞名誉住職。右は一能住職

300人が祝う

 高野山真言宗の別格本山金剛院(上野町)の二十三世住職、名誉住職の就任披露が11月4日、京王プラザホテル八王子で行われた。

 檀家や仏教界関係者らおよそ300人が2人の門出を祝った。

 この日、住職に就いたのは山田一能さん(49)、名誉住職になったのは前住職の山田一眞さん(85)。一眞さんは真言宗において、僧の最高位である「大僧正」に僧階昇補した。

改元契機「私も」

 壇上に立った一眞さんは「いつ変わろうか(住職を譲ろうか)迷いがあった。ただ、今年改元があり自分は上皇さまと同じ学年なので、『私も変わろう』と思った」とその経緯を話した。14歳で僧侶の道に入り、29歳の若さで住職に就任。戦後は空襲で被害を受けた本堂の再建に尽力した。「当時、総代は八王子各界の有力者の方々ばかりでした。皆様に育てさせてもらいました」とかつての支援に感謝した。今後については「90歳までは街中を歩いていたい」と笑顔で話した。

 一能さんは「前住職を引き継ぎ、仏教界および地域の貢献に精進して参ります」とあいさつした。なお披露宴の前には同寺で法燈継承奉告法要が執り行われた。

古義真言宗の寺院

 同院は1576年(天正4)、明王院として開山。弘法大師空海の法灯を継ぐ古義真言宗の寺院と知られる。八王子を代表する寺院のひとつ。

寺観=金剛院栞より
寺観=金剛院栞より

八王子版のローカルニュース最新6

まつり中止でも提灯

まつり中止でも提灯 文化

市役所通り彩る370燈

8月11日号

高尾山で森の妖精

高尾山で森の妖精 文化

8月中旬ごろまで

8月11日号

「空襲・疎開・弟の死」

「空襲・疎開・弟の死」 社会

中村 友子さん

8月11日号

電鉄社長に都村氏

京王グループ

電鉄社長に都村氏 経済

各社、人事を発表

8月11日号

オペラの魅力、凝縮

神奈フィル

オペラの魅力、凝縮 文化

秦野公演 10組20人を招待

8月11日号

「語学ボラ」研修で学ぶ

「語学ボラ」研修で学ぶ 文化

9月3日

8月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook