八王子版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

12月5日にあるNPO企画の交流イベントに出演する 中屋 廣隆さん 西多摩郡桧原村在住 65歳

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

芸術家、最後の挑戦

 ○…市内唯一のボクシングジム、南町の中屋ボクシングジム創設者。3年ほど前、長男に会長職を譲り桧原村に居を移した。ただ、引退ではない。今も週に6日、トレーナーに専念し世界チャンピオンの輩出めざす。「最初の目標だし、出さずには死ねない。ジムの規模は関係ない。この町からだって世界王者が生まれる。夢があるよね」。四角いリングの中での逆転劇。洗練された動きの美しさ。果し合いの緊張感。「リングの中にはストーリーがある」

 ○…彫刻家を志し高知県四万十町から上京。日本大学芸術学部に進学した。在学中に見た試合で「嘘がつけない世界」と魅力を感じて飛び込んだ。半年でプロになり4戦した。「もっと本格的にやりたい」。そう思った矢先、学生結婚した妻が妊娠。選手を断念し、大学も中退して建築関係の職人となった。

 ○…30歳の頃、3人目の子どもが生まれた。「芸術家になりたかったのに安定している」ことがたまらなく感じて彫刻活動を再開した。同時にトレーナーとしてボクシングに復帰。デビューから育てた選手は世界戦に2度挑むなど成果を出した。「バブルだったし、両方から引っ張りだこだった」。40歳の時、篤志家がジムを持たせてくれた。ボクシングに専念し5年で東洋太平洋王者を、その半年後には日本王者を輩出。合計10人のチャンピオンが育った。

○…自宅は、彫刻家として再スタートを切るためのアトリエとして準備を進めている。「その辺の石でも磨けばどうなるかわからない。彫刻の名作も最初はただの石」。ボクシングもそう。磨いた石(選手)が世界チャンピオンになる可能性を秘めていると語る。「70歳までには世界王者を」。「芸術家」として最後の挑戦が始まった。

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

女性落語家・真打として地域で落語を披露する

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

市内在住 

11月26日号

大蔵 國宜さん

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける

大蔵 國宜さん

元横山町在住 77歳

11月19日号

小松 由佳さん

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した

小松 由佳さん

椚田町在住 38歳

11月12日号

石井 利一さん

八王子いちょう祭り祭典委員会の7代目会長を務める

石井 利一さん

長沼町在住 86歳

11月5日号

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク