八王子版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

「森と踊る(株)」代表で林業を通じて森の価値を伝えている 三木 一弥さん 上恩方町在住 50歳

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena

森の価値を作り出す

 ○…「切った木に価値があるのではなく、残った大地側に価値を作るのがミッション」。循環型社会にふさわしい、林業を目指している。適度な間伐で地面まで日があたるようにして森の多様性を引き出す。「手間だけ考えれば一気に切った方が楽です」。それを、あえて手間のかかるやり方にすることで森を生かすという価値が宿る。知ってもらうには体験が一番と、一般からの参加者を募って森での間伐体験も提供している。

 ○…「きこりになる」。そう決めて大手企業のエンジニアを辞したのが7年前。直接的なきっかけは木の皮むき体験だけで、1カ月半後には会社を辞めていた。そこまで森に魅了された理由が「今でもわからない」という。始めたはいいものの機材はないしそもそも山がない。しかし、考え方に賛同してくれる人が少しずつ集まってきた。現在、恩方中学校裏手の山を主なフィールドに活動している。

 ○…親が転勤族だったので故郷と呼べる場所はたくさんある。中でも小学校高学年から3年ほど暮らしたインドは印象的で「動物が多い。人が包み紙を捨ててもヤギが食べる。牛のフンを乾かして燃料にする人もいる。ある種の循環型社会でした」と振り返る。会社設立時は文京区で暮らしていたが、2年ほど前から八王子に移り、今は古民家を自分で手直ししながら楽しんでいる。

 ○…「施主が森から1本木を伐りだして、建材に使えば思い出にもなる」。家作り1つとっても、同社にかかれば、森へのかかわりが生まれ、思い出という価値も加わる。ほかにもイベントや企業の研修受付など森を使った様々な活動がある。「そこにあるものに価値を見出すのが心の平安なのかも」と満足そうな表情を浮かべた。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

滝島 凜夏さん

JCI JAPANグローバルユース国連大使として10月から活動を始めた

滝島 凜夏さん

犬目町在住 17歳

10月21日号

橋本 圭司さん

中町の新しいマップを作成した中町地区まちづくり協議会の会長を務める

橋本 圭司さん

北野台在住 60歳

10月14日号

藤本 あや子さん

書真会師範で一文字チャリティ活動を行っている

藤本 あや子さん

山梨県都留市在住 

10月7日号

安藤 翼(そら)さん

ジュニアテニス関東予選で準優勝し、10月に行われる全国大会の出場を決めた

安藤 翼(そら)さん

小比企町在住 13歳

9月30日号

小林 結花さん

6月に発足したアニマルフードサポート八王子の発起人

小林 結花さん

高尾町在住 62歳

9月23日号

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook