八王子版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

てる葉さん 「一本」の芸妓に

文化

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
お披露目会でのてる葉さん=提供写真
お披露目会でのてる葉さん=提供写真

 置屋ゆき乃恵(中町)のてる葉(は)さん(21)がこのほど「半玉(はんぎょく)」から「一本」の芸妓となった。秋田から上京し3年。「一人前」としてスタートラインに立つ。「何でもできる、めぐみお母さんのようになりたい」と夢を語った。

 10月上旬に市内でお披露目会があり、その場でゆき乃恵の女将めぐみさんが一本(一人前)の芸妓として、てる葉さんを紹介した。

 てる葉さんは秋田県の出身。子どもの頃から時代劇が好きで、その影響から「お着物を着る仕事に就きたい」と思うようになったそう。高校卒業後、八王子花柳界の門を叩いた。インターネットで検索する中で、ゆき乃恵へたどり着いたそう。

 「お会いして、ここに入りたいと思いました」。てる葉さんは当時を思い出す。「色が真っ白の秋田美人さん。元気がいい子という印象があります」とめぐみさん。めぐみさんは5年ほど前、縁があり秋田のイベントに出演したことがあった。てる葉さんがゆき乃恵を選んだのは、その話題を知っていた高校の担任の推薦もあったそうだ。

 18歳で住み込み暮らし。全てが初めての経験で、「二十歳になるまではとても長かった」と振り返る。厳格なイメージがある花柳界だが、「ドキュメンタリー番組を見るなどして、構えていました(から大丈夫でした)」と笑顔で話す。めぐみさんによると現在、半玉(18歳から20歳までの芸妓見習い)のなり手はとても少ないそうで、そこからさらに「一本」が誕生するのは「八王子においては何十年ぶりのことと思います」と目を細めた。

 踊りはそれまで未経験で、地元では新体操に勤しんでいた。実は双子で兄は秋田で暮らしている。趣味はホラー映画の観賞。「子どもの頃から好きで。兄も同じです」とはにかむ。なお、てる葉という名は、茶道で使われる「照葉(てりは)」という言葉の「葉がキラキラと光るイメージ」から付けられた。

 半玉の時は、髪は自毛で結っていたが、今は「日本髪のかつら」になった。着物は振り袖から「普通の袖丈」に変わった。この秋からは三味線を習い始めた。コロナ禍でお座敷仕事はほとんどない中、稽古の日々が続く。めぐみさんは「今できることを」と励ます。憧れは、もちろんめぐみさん。てる葉さんは「お母さんのようにうまく弾けるように。何でもできるようになりたいです」と話した。

女将のめぐみさん
女将のめぐみさん

冬休み短期スイム教室

12/25・26に2日短期集中☎042-673-6591

https://www.nas-club.co.jp/takao/

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

多世代交流 団地に賑わい

今週末は感謝祭

今週末は感謝祭 社会

JA八王子園芸センター

12月2日号

浦田さん 新宿で個展

人物風土記関連記事

浦田さん 新宿で個展 文化

12月2日号

32人を表彰

中学生税の作文

32人を表彰 教育

12月2日号

アイシンに連敗

小津町で作品展

4日から8日

小津町で作品展 文化

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook