八王子版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

八王子スマイリーズ 三多摩大会で優勝 野球女子選抜 12年目で初

スポーツ

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
ユニフォーム姿の座間さん(右)と二瓶さん
ユニフォーム姿の座間さん(右)と二瓶さん

 市内の女子軟式選抜チームの八王子スマイリーズ(学童部)が昨年11月から12月にかけて行われた三多摩女子大会で優勝した。結成12年目で初。その立役者となった6年生の選手たちが間もなく引退する。代表選手に思い出などを聞いた。

 同大会は全16チームによるトーナメント制。スマイリーズは決勝戦で日野のチームを6対1で下した。

 同チームは、市内の小3〜6年生22人が所属。普段は男子と一緒にそれぞれのチームで練習や試合をしている女子の中から選ばれる。監督代行の山口恵司コーチは「6年生が多かったこともあるが、今季はとくに野球好きな子が多かった。低学年から一緒に先輩たちの活躍を見てきた分、個々の選手が努力してきた結果、良い成績が残せた」と今回の優勝について話した。なお、昨年の東京都大会でも最高成績となる3位となった。

 チームの特徴は「仲の良いこと」。今季は「ヒットを打つと『わーい』と言って両手を挙げてYの字を作る」というポーズが流行したという。Yは「優勝」の頭文字「Y」も掛けている。

 キャプテンの座間日和(ひより)さん(小6)は「女子だけだから、何でも話しやすいのかも」と雰囲気の良さについて説明する。ピッチャーの二瓶(にへい)蘭さん(同)は「笑顔が絶えないチーム」と応じた。

 今月、6年生が引退前に行う「卒団試合」も終え、あとは「卒団式」を残すのみ。

 中学校に進んでも野球を続けるという座間さん。一方で二瓶さんは「野球はやりきった」と別の道を歩む予定だ。「練習がつらいときもあったけど、なんだかんだと楽しかった。また皆で集まりたい」と2人は声をそろえる。山口コーチは「女子はプロを目標にしている選手は少ないが、近年は長く続けていこうと思える環境になってきている」と話す。

入団増えている?

 野球をする女子について、あるチームの関係者は「うちのチームでは現在メンバーのおよそ1割強。全体的に増えている傾向があるかどうかはわかりませんが、他チームでもだいたいそれくらいの割合では」と話す。記憶の範囲では「25年くらい前から女子部員は在籍している」そう。「やはり男のスポーツの印象が強いせいもあり、女子が入団する動機はきょうだいや指導者がチームに在籍している場合が多いですね」と話す。

卒団試合を終えて=スマイリーズ提供
卒団試合を終えて=スマイリーズ提供

八王子版のトップニュース最新6

定数5に7人出馬か

都議選

定数5に7人出馬か 政治

八王子選挙区

4月22日号

ごみ少ない街、3連覇

八王子市

ごみ少ない街、3連覇 社会

減量意識向上に手応え

4月22日号

デジタル推進室を発足

八王子市

デジタル推進室を発足 社会

都、国の動きに対応

4月15日号

「予約殺到」市民の反応は

「予約殺到」市民の反応は 社会

八王子市 ワクチン接種

4月15日号

犬目町チア全国出場

犬目町チア全国出場 スポーツ

4年目で初 結果は来月

4月8日号

手仕事愛、触れてみて

打越町在住山口さん

手仕事愛、触れてみて 文化

主催マーケット 開催100回

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter