八王子版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

八王子手仕事博覧会の代表を務める 土谷 ちはるさん 高尾町在住 63歳

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

作品に宿る楽しむ心

 ○…カントリー雑貨の作家になって約30年。2年ほど前から同じ手仕事に愛着を持つ仲間たちと冊子制作などを始め、最近は地域の祭りや商業施設から会として出店依頼を受けるように。「ひとりで活動していたら出会わない人達とつながるようになった」という。代表は「年功序列制」と冗談めかすも「無理せずやろう」とメンバーに伝える。「辛いと楽しい作品が作れないから」が理由だ。

 ○…昭島市出身。三姉妹の長女。米軍基地が近くにあり、母親が購入してくるレトロな食器などのカントリー雑貨が好きだった。大学卒業後、新聞社などに勤務。結婚して2人の息子に恵まれると、創作意欲に火がついた。子どもの洋服やおもちゃなど何でも作った。のめり込んだのは木材。本格的に学ぶため大工に直談判し弟子入りも。「種類による色の違い、塗料との色合い、自由自在なカット。作れるものが無限」と魅力を語る。

 ○…5、6年前、夫の病気を機に自宅の雑貨店を閉じ、主宰する南大沢駅前の手作り市の運営を若手に任せた。「気が抜けて、すごく楽しくなった」という。八王子の自然に触れる余裕もできた。「のんびり珈琲を飲むこと」が至福のとき。八王子に来て40年、南大沢、北野、みなみ野など、転居もたびたび。寺巡りが好きで「2年くらい鎌倉に住むのも楽しそう」と、常に心は自由。

 ○…ライフワークとしているのが、若い作家の後押し。自信を持つために何が必要か、「少しだけ」アドバイスする。「作品への愛情を無駄にしてほしくない。老婆心ながら思うのね」。もちろん自分の作家意欲も留まらない。「こぎん刺しとか、その土地で引き継がれる手仕事をやってみたい」。手と頭がいくらあっても足りないそう。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

滝島 凜夏さん

JCI JAPANグローバルユース国連大使として10月から活動を始めた

滝島 凜夏さん

犬目町在住 17歳

10月21日号

橋本 圭司さん

中町の新しいマップを作成した中町地区まちづくり協議会の会長を務める

橋本 圭司さん

北野台在住 60歳

10月14日号

藤本 あや子さん

書真会師範で一文字チャリティ活動を行っている

藤本 あや子さん

山梨県都留市在住 

10月7日号

安藤 翼(そら)さん

ジュニアテニス関東予選で準優勝し、10月に行われる全国大会の出場を決めた

安藤 翼(そら)さん

小比企町在住 13歳

9月30日号

小林 結花さん

6月に発足したアニマルフードサポート八王子の発起人

小林 結花さん

高尾町在住 62歳

9月23日号

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook