八王子版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

書真会師範で一文字チャリティ活動を行っている 藤本 あや子さん 山梨県都留市在住 

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

書が養う心と品格

 ○…「一文字」を揮毫するチャリティー活動を昨年から始めた。東日本大震災の発災後、ボランティアに行った夫から、惨状を聞き「何か力になれたら」と思っていたという。和紙は、指導する障碍者施設の利用者から購入した「味わいのある手すき和紙」を使う。慣用句などではなく一文字にこだわりも。「誰かの言葉ではなくあなたの幸せな一字を」。文字に力がこめられるという。

 ○…山梨県出身。4人きょうだいの長女。書道の師範を務める父親に手解きを受けた。笑い上戸な明るい性格で女性警察官に憧れていた。結婚後は長男である夫の両親、祖母、兄弟など家族の一員になった。「お嫁に行って忍耐を学んだ」と笑って振り返る。介護で大変な時期もあったが、家族に尽くしたことは自分の誇り。背中を見せた子どもは、医師や通訳の仕事に就き自立している。「親を大切にしていると子どもは自ら頑張るものね」とほほえむ。

 ○…書道は「心の拠り所」だという。「嫌なことも書と向き合うときはすべて忘れられる」。本格的に打ち込み40年以上たつ。父親が亡くなった後は、車で30分かけて富士吉田の師範のもとに通いつめた。自宅で教室を開き、明神町のサークルやクリエイトホールでの講座指導など、八王子にも積極的に出向いている。「八王子は人柄が大らか。書道人口が少ないので広めていきたい」

 ○…「書道は品格を高める」が持論。だからこそ、若い人にもっと親しんでもらいたいと感じている。「じっくり取り組めば必ずモノになる」とも。また、自身より高齢の生徒が上達を喜ぶ様子を見ると書の魅力が伝わっていると嬉しさも沸く。「書道をやって本当に良かった」と、自身と同じように思う人を増やしていきたいという。

八王子版の人物風土記最新6

小池 孝広さん

令和3年度東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞を受賞した

小池 孝広さん

楢原町在住 40歳

11月25日号

工藤 郁子さん

絆・つなぐ西八王子まつりで演舞を披露する「踊乱花」をけん引してきた

工藤 郁子さん

横川町在住 70歳

11月18日号

新美 大作さん

『元気な街』南大沢協力の会の会長を今年度から務める

新美 大作さん

都内在住 61歳

11月11日号

高縄 慶子さん

14日に開催するイベント「ならはらマルシェ」の実行委員のひとり

高縄 慶子さん

楢原町在住 50歳

11月4日号

恩田 佑太さん

11月に行われる「令和3年新成人をお祝いする会」の実行委員長を務める

恩田 佑太さん

泉町在住 19歳

10月28日号

滝島 凜夏さん

JCI JAPANグローバルユース国連大使として10月から活動を始めた

滝島 凜夏さん

犬目町在住 17歳

10月21日号

樹木葬30万円~一般88万円~

☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook