八王子版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

右田病院 駅伝部、活動再開

スポーツ

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
大会への意気込みを語った埴原さん(右)と右田さん
大会への意気込みを語った埴原さん(右)と右田さん

奥多摩大会に出場

 右田病院駅伝部(暁町)が活動を再開した。コロナ禍で自粛をしていたが12月5日(日)、およそ1年8月ぶりの大会へ出場する。

 出場するのは奥多摩渓谷駅伝競走大会。男女6人の部員でタスキをつなぐ。

 部として大会に出場できなかったこの期間、部員たちは個々で活動を続けていた。

 看護師で部長の埴原(はいばら)正樹さん(48)は6月、関東マスターズ陸上選手権1500m(M45)の部で自己ベストを更新。病院理事長で同部最年長の右田敦之さん(60)も5月、5000mで自己ベストを出した。一方、理学療法士の田中利一(43)さんは10月、10マイルを走るトレイルランに出場するなどし、レベルアップに努めた。埴原さんは「走るのをやめてしまうと、なかなか元に戻るのは難しいので、積極的に取り組みました」と振り返る。

コロナ対応で疲弊も

 ただ、埴原さんらは新型コロナ患者の対応にあたる業務に従事しておりこの間、大変な苦労があったという。「わからないことが多く、普段以上に感染対策に神経を使いました。毎日どっと疲れていました」。そのような中で、部の存在は励みの一つになった。ストレスを抱える日々も「走ることで救われました」と話す。「またみんなで出場できる日を信じここまでやってきました」

 大会一般の部は午前10時、青梅市役所前をスタートする。埴原さんは「部員一丸となって頑張ります」としている。

市内の大会で走る埴原さん=埴原さん提供
市内の大会で走る埴原さん=埴原さん提供

八王子版のローカルニュース最新6

(金)(土)に公式戦

100年企業に必要な力

100年企業に必要な力 経済

学ぶビジネスサロン開設

1月20日号

スマホ体験会

「意識高く活動」

消防団

「意識高く活動」 社会

団長 出初式で

1月20日号

10日間で1万3千人超

七福神めぐり

10日間で1万3千人超 文化

1月20日号

澤井さんが黄綬褒章

人物風土記関連記事

澤井さんが黄綬褒章 文化

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook