神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2023年10月5日 エリアトップへ

家政学院大生×スーパーアルプス 「健康弁当」 開発でコラボ 11月から販売開始

教育

公開:2023年10月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
弁当を開発した家政学院大生
弁当を開発した家政学院大生

 明神町の東京たま未来メッセで9月30日に開催された「はちおうじNPOフェスティバル」の会場で、東京家政学院大学(町田市)の三澤朱実教授ゼミで学ぶ学生5人と地元企業のスーパーアルプス(滝山町)、八王子市保健所が協働で開発した健康弁当が先行販売された。

 販売された弁当は「NEW!オムもぐプレート」と「ふわふわ!あんかけハンバーグ弁当」。(一社)健康な食事・食環境コンソーシアムが設定した、栄養バランスのとれたスマートミール認証基準『ちゃんと』を満たしながら、見た目やおいしさにもこだわった。材料や手間、価格などを何度も協議し、試行錯誤を重ねて完成させたという。三澤教授は「イベント当日の販売準備や衛生管理、アンケートの回収などゼミ生たちの頑張りもあり、用意した弁当142個は全て完売した。みんなをほめてあげたい」と総括。学生の一人は「企業とのコラボは初めてで難しいこともあったが、無事販売できて良かった。アンケートの回答内容をこれからの改良につなげていきたい」と手応えを語った。

学生の発想 実現

 今回の連携事業は大学コンソーシアム八王子の「学生企画事業補助金」の採択企画。同ゼミは今年8月にも保健所や市内のスープカレー専門店「奥芝商店」と連携して、学生がアイデアを提供したスープカレーを開発している。アルプスとの商品開発は今回が初めて。昨年の秋頃に企画が持ち上がり、今年4月から本格的に開発をスタートさせた。

 弁当は11月からスーパーアルプス全店で販売予定。同社は「この取り組みを継続し、地域の皆様の健康的な暮らしを支援することができたら」と展望する。

八王子版のローカルニュース最新6

総会に140人、議案承認

台湾友好交流協会

総会に140人、議案承認

理事長が情勢解説

6月25日

きぬあそび

きぬあそび

着物リメイク作品展

6月22日

実篤の名言味わう

実篤の名言味わう

茜萌会書道展

6月21日

環境フェスに1万5000人

環境フェスに1万5000人

参加型の学び、盛況

6月20日

2校合同でキャリア教育

南大沢小・柏木小

2校合同でキャリア教育

職業体験で社会の仕組み学ぶ

6月20日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月20日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook