多摩版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

多摩大学フットサル部の監督を務める 福角 有紘さん 落合在住 37歳

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

学生と共に日本一を

 ○…「日本一になろう」。部の立ち上げの際に、掲げた目標だ。あれから4年。初めて出場した「全日本大学フットサル大会」で全国の強豪を相手に勝ち進み、昨年のチャンピオンにも競り勝った。準決勝で敗れたものの、見事3位に。短期間で大学の名前を全国区まで押し上げた。「準決勝で負けたけど良い結果。創部から力を入れて取り組んできた成果。やってきた喜びがある」と笑顔で語る。

 ○…兵庫県出身。高校卒業後、専門学校への進学を機に「日本代表に近かったから」とフットサルを始めた。今ほど認知度がない時代。競技人口も少なく、やる場所も限られていた。ブラジルの大会に参加し、レベルの高さを痛感。「日本一になりたい」。その思いを胸に、帰国後、昼は仕事をしながら、夜はトレーニングに励んだ。念願の日本代表にも選出され、全日本選手権で優勝、夢を叶えてきた。関西で自身のフットサルスクールを立ち上げたばかりの頃に、多摩大から監督就任の打診を受けた。

 ○…「何度か断ったんですけどね」。様々なことを教えてもらったフットサルへの恩返し。自身の経験。「0から立ち上げて日本一になる」というプロジェクト。そうした全てを勘案し、決意した。全国の大学で数少ないプロ監督となった。プレー面での指導はもちろん、挨拶や礼儀、時間を守るなど、社会に出た時に基礎となる部分を学生たちに要求する。「フットサルだけでなく、卒業後、就職してからアジアや世界に飛び出していく人材を輩出したいですね」と夢を語る。

 ○…スクールの代表、フットサル女子日本代表のコーチも兼務し、全国を飛び回る。「疲れをどうメンテナンスするか。どれだけリラックスできるかですね」と体調管理に留意する。「プレーする楽しさを一つでも多く伝えて、今後フットサル界を支えていく人材を育てていきたい」。指導者としての夢を叶えるため、学生たちとともに走り続ける。

多摩版の人物風土記最新6

越村 有貴さん

10月に中国で開催されるミニゴルフ世界選手権大会の日本代表に選ばれた

越村 有貴さん

中沢在住 

7月11日号

青木 智子さん

「日野・多摩・稲城地区保護司会」の副会長で多摩分区長を務める

青木 智子さん

聖ヶ丘在住 71歳

6月27日号

飯島 聖士さん

聖蹟桜ヶ丘の「中央商店会」の会長に就任した

飯島 聖士さん

関戸在住 52歳

6月13日号

藤原 正範さん

多摩市議会の新議長に就任した

藤原 正範さん

桜ヶ丘在住 60歳

5月30日号

石原 静さん

4月に東京都行政書士会府中支部の支部長に再任した

石原 静さん

諏訪在住 

5月16日号

高瀨 聖子さん

「一般社団法人国連平和の鐘を守る会」の代表を務める

高瀨 聖子さん

中沢在住 71歳

5月1日号

高橋 賢さん

「インクルスポーツクラブ多摩」のメンバーで、多摩コミュニティビジネス交流会を主宰する

高橋 賢さん

市内在勤 49歳

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク