多摩版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

開設1周年を迎えた日本山岳会東京多摩支部の「多摩サロン」を主宰する 神崎 忠男さん 連光寺在住 75歳

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

不屈の登山家「恩返しを」

 ○…全国で約5千人が所属する日本山岳会。2010年に東京多摩支部を開設、立ち上げに尽力した。昨年4月から月に2回、関戸公民館で支部の親睦と情報交換を兼ねた「多摩サロン」を主宰する。15日には1周年を迎えたサロンで、山岳会の歩みや登山の歴史について講演を行った。「技術とまではいかなくても、登山について学習、情報交換できる場になっていけば」と今後に意欲をみせる。

 ○…登山を始めたのは、高校の時。父親に「山に行って体を鍛えろ」と言われたのがきっかけだった。「当時は苦しさだけで山の良さなんか二の次。やらなければという義務感だけだった」と語る。大学で山岳部に入り、山登りに明け暮れた。卒業後、仕事に専念しようと思っていた矢先、大学の先輩たちがグリーンランド遠征に行くも失敗。それを聞いて「俺がやらなきゃ」と挑戦。それから国内外の山への挑戦が始まった。

 ○…1970年に日本登山界として初のエベレスト登頂を目指す隊に参加。そこで頂を踏んだ植村直己さんを最後までサポートした。「エベレストには過去4回挑戦したけど、一回も頂上に行っていない。だから『悲劇の登山家』と自分で言っています」と苦笑い。2回目のエベレスト挑戦の際に中腹で心筋梗塞を患うも、山への思いは尽きず、以降も数々の山に登り続けた。なぜ山に登るのかと問うと「”山があるから”という有名な言葉があるが、言葉で表現できない。答えることが出来ないから登り続けているのかな」と登山の魅力を笑顔で語る。

 ○…これまでに日本山岳会、日本山岳協会の会長などを務め、昨年アジア山岳連盟から功労者賞が贈られた。現在は、東京五輪で追加種目となったスポーツクライミングの多摩地区誘致に動く。「これまで世話になった山に少しでも恩返しできるように、環境づくりに努めていきたいですね」。日に焼けた笑顔で、今後も団体の発展に尽力する。

多摩版の人物風土記最新6

高野 義裕さん

多摩市若者会議から法人化した合同会社「MichiLab」の代表を務める

高野 義裕さん

八王子市在住 39歳

4月2日号

中川 紀子さん

仲間と一緒にアフリカでのホームステイ体験記の本を上梓した

中川 紀子さん

一ノ宮在住 72歳

3月5日号

矢田 浩明さん

「こどものまちたま(こたま)」を主催するチームミニたまの代表を務める

矢田 浩明さん

関戸在住 48歳

2月20日号

御山(みやま) 幸枝さん

2月22日(土)に開催される「アースビジョン多摩」の実行委員で司会を務める

御山(みやま) 幸枝さん

新宿区在住 39歳

2月6日号

大島 淳さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第47代理事長に就任した

大島 淳さん

豊ヶ丘在住 36歳

1月23日号

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク