多摩版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

TAMA映画フォーラム実行委員長を務める 竹内 昇さん 町田市在住 64歳

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

「映画で街の盛り上げを」

 ○…市民による手作りの映画祭として、今や多摩だけでなく、日本を代表するイベントのひとつとなった「映画祭TAMA CINEMA FORUM」。昨年節目の25年を迎え、組織の若返りを図るため、今年2月に実行委員長に就任した。「これまでは好き勝手なことを言ってきたけど、今はグッと我慢しています」と苦笑い。多種多様な120本近い作品が1週間にわたって上映される。「ぜひ色々な作品を楽しんでもらえたら」と見所を語る。

 ○…実行委員会に入ったのは8年程前。建築関係の仕事から転職して時間的余裕ができた時に実行委員を募集していたことを知った。「以前、娘が実行委員をやっていて、夜よく迎えに来ていた。今や自分がそこにどっぷりつかっています」と白い歯を見せる。高校生から80代までの幅広い年齢層のメンバー60人がそれぞれに企画を出し合い、納得いくまで話し合う。「世代関係なく、語り合うことができる。アットホームで楽しい。入って良かったですね」と柔和な顔で語る。

 ○…長野県出身。高校時代に学校のそばにあった映画館に試験が終わるたびに通った。大学生になって上京すると、当時は学生運動の真っただ中。授業が受けられず、映画館に入り浸っていた。年間で200本を見て、映画を観る目を養った。最も好きな作品は、フェデリコ・フェリーニの『アマルコルド』。「イタリアの1年を撮った作品で映像がとても綺麗でね」と熱く作品の世界観を語る。

 ○…今も週に1度は映画を観に行き、たまに自宅でお酒を飲みながら娘と映画を観ながら批評し合うことも。映画とは切り離せない生活を送る。今後は海外作品の採用、NEWWAVE賞の充実、野外パフォーマンスの導入なども検討材料だという。「もっと多くの人を巻き込んでもっと街を盛り上げていきたいですね」。映画で街を元気に。その旗頭としてこれからも実行委員会を牽引する。

多摩版の人物風土記最新6

高野 義裕さん

多摩市若者会議から法人化した合同会社「MichiLab」の代表を務める

高野 義裕さん

八王子市在住 39歳

4月2日号

中川 紀子さん

仲間と一緒にアフリカでのホームステイ体験記の本を上梓した

中川 紀子さん

一ノ宮在住 72歳

3月5日号

矢田 浩明さん

「こどものまちたま(こたま)」を主催するチームミニたまの代表を務める

矢田 浩明さん

関戸在住 48歳

2月20日号

御山(みやま) 幸枝さん

2月22日(土)に開催される「アースビジョン多摩」の実行委員で司会を務める

御山(みやま) 幸枝さん

新宿区在住 39歳

2月6日号

大島 淳さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第47代理事長に就任した

大島 淳さん

豊ヶ丘在住 36歳

1月23日号

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク