多摩版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

マレーバクの赤ちゃん 誕生 多摩動物公園

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 多摩動物公園(日野市)で先月、マレーバクの赤ちゃん「ソラ」(メス)が誕生した。母親はユメ(14)、父親はケン(6)。10日から同園内・アジア園マレーバク舎室内展示室で公開されている。

 担当飼育員の齋藤麻里子さんによると、生後3週間が過ぎた現在、ユメと共に健康状態は良好だという。「昨年生まれた別の赤ちゃんよりも、堂々としていて、人に対する警戒心が少ない。伸び伸び育っています」

 現在は、イノシシの子どもの「うり坊」のような姿だが、生後100日を過ぎた辺りから徐々に、頭部から肩、四肢の体色が黒く、胴体中央部が白い「大人の姿」になっていくという。

 「マレーバクの親は子どもに授乳する習慣がなく、子どもが自らお母さんの乳を飲むようにするんです」と齊藤さん。「乳を飲むため、ユメを寝かせようとするソラの姿を楽しんで下さい。1日2回程度ですかね」と話す。ただ、親子の健康状態により、公開を中止することもあるという。

 開園時間や入場料などについては同公園【電話】042・591・1611(午前9時30分から午後5時・水曜定休)へ。

担当飼育員の齋藤さん
担当飼育員の齋藤さん

多摩版のローカルニュース最新6

オリンピック・パラリンピック延期決定に伴う市長コメント

緊急融資等の案内送付

多摩市

緊急融資等の案内送付 経済

コロナ支援策 市内事業者に

4月2日号

多摩の魅力を写真で投稿

多摩の魅力を写真で投稿 社会

「#多摩市広報部員」募集中

4月2日号

一般質問中止し閉会

市議会

一般質問中止し閉会 政治

コロナウイルスの影響で

4月2日号

宿泊研修施設が4月1日開業

KDDI(株)

宿泊研修施設が4月1日開業 経済

多摩センターに 一般利用も可

4月2日号

「ごみ減量標語」決まる

「ごみ減量標語」決まる 教育

最優秀賞2作含む全13作品

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク