多摩版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

9月22日に行われた「RUN伴多摩」の実行委員長を務めた 曽谷 真由美さん 市内在勤 45歳

地域でのつながりを求めて

 ○…認知症になっても安心して暮らせる街を目指して、タスキをつないで市内を走る「RUN伴多摩」。実行委員長として企画・運営を統括。今年は昨年よりも多い約300人が参加、市の後援を得るなどその輪は広がってきた。「楽しむだけでなく、趣旨に賛同してくださった方が増えて嬉しい」と笑顔で振り返る。

 ○…2年前に「RUN伴多摩」を立ち上げた発起人。町田市で実施していたのを見て「認知症当事者がキラキラして楽しそう」と多摩市での開催に奔走。勤務先である河北医療財団の仲間の賛同を得て第1回を開催した。第2回には賛同者、当事者の数も増え、応援、参加してくれる施設に途中で立ち寄れるコースを作り、みんなが笑顔でゴールした。「誰でもそこにいるだけで参加できる。それが口コミで広がって今年につながった。RUN伴多摩の良いところですね」とその魅力を語る。

 ○…転機となったのは、美術の専門学校卒業後に起きた阪神淡路大震災だった。ボランティアで被災地を訪れるも自分の無力さを痛感した。そこで出会った看護師の影響を受け、看護学校に通い資格を取得。その後、認知症の勉強をはじめ、今では認知症認定看護師として支援活動などを行う。「いざという時に地域でつながることの大切さを震災で学んだ。それが原点であり、モチベーションになっています」

 ○…休みの日にはセミナーや講演会などに出掛け勉強に励む。「好きな仕事を楽しくやらせてもらっているので、法人にも家族にも感謝です」と微笑む。今取り組みたいことに認知症に関連したまちづくりを挙げる。「情報が届かない人にどう届けるか。それも地域のつながりが大切。もっと多くの人とつながりをつくっていきたいです」と今後の目標を語ってくれた。

多摩版の人物風土記最新6件

永田 昌弘さん

春のセンバツに出場する国士舘高校野球部の監督を務める

永田 昌弘さん

3月21日号

小田島 怜さん

今シーズンからサッカーJ3・SC相模原に入団した

小田島 怜さん

3月7日号

柴田 孝司さん

2月で設立10周年を迎えた「たまロケーションサービス」の代表を務める

柴田 孝司さん

2月21日号

石澤 健一さん

全日本大学軟式野球国際親善試合の日本代表に選ばれた

石澤 健一さん

2月7日号

白石 翔さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第46代理事長に就任した

白石 翔さん

1月24日号

須永 櫻子さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

須永 櫻子さん

1月10日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク