多摩版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

「多摩市民文化祭」を主催する「多摩市文化団体連合」の理事長を務める 青木 ひとみさん 桜ヶ丘在住 

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

伝統芸能・文化を次の世代へ

 ○…「未来につなごう多摩の文化」をテーマに10月12日から11月11日までパルテノン多摩などで開催されている「多摩市民文化祭」。多摩市とともに主催する文団連の理事長に今年5月に就任し、舵取り役を担う。市内で活動する団体の発表の場でもある同祭。「文化祭を知らない人もいる。一般の方たちでも参加できるので、もっとPRして多くの方に参加してもらえたら」と呼び掛ける。

 ○…参加団体の多くが直面している課題。それが高齢化だ。「今の若い方たちは忙しい。子どもたちにも参加してもらえる文化祭にしていきたい」。そうした思いが今年のテーマに込められている。多摩市日本舞踊連盟の会長も務めており、自身が主宰する教室や小・中学校での出前授業など「ライフワーク」という伝統芸能の継承に日々取り組む。「古くから伝わる文化・伝統を未来につなげていくことは大事なこと」と笑顔で語る。

 ○…母親も同連盟の会長を務めていたことがあり、親子2代で要職に就く。その母親の影響で日本舞踊を3歳から始めた。音楽にのせて踊ることが好きでその道を歩んできた。16歳で名取、18歳で師範になった。現在も舞踊家として自ら舞台に上がりながら、師範として後進の指導にもあたる。最近では、古典演劇、流鏑馬にも挑戦する。「武士の家系なので、観ているとやりたくなってきちゃって。血が騒ぐんですかね」と豪快に笑う。

 ○…考えたらとりあえずやってみるという性格。その行動力と忌憚のない発言で周囲を驚かせることもあるという。「次世代への継承」が活動の原動力でもあり、今後の目標だ。「文団連もそう。若い世代に繋ぐ橋渡し役。それが私の役目」。人とのつながりを大切に、これからもそのライフワークは続いていく。

多摩版の人物風土記最新6

三浦 摩利さん

多摩中学校の教員で、地域イベントの司会を務めた

三浦 摩利さん

市内在住 

10月3日号

天野 龍さん

多摩消防署1部特別救助隊のチームリーダーを務める

天野 龍さん

市内在勤 33歳

9月19日号

森谷 祐夢さん

インターハイ新体操男子個人の部で総合優勝した

森谷 祐夢さん

桜ヶ丘在住 16歳

9月5日号

中馬 幸代さん

多摩市立中学校PTA連合会の会長を務める

中馬 幸代さん

連光寺在住 40歳

8月22日号

久保 つぎこさん

映画『あの日のオルガン』の原作を書いた

久保 つぎこさん

鶴牧在住 76歳

8月8日号

川井 博之さん

「第39回落合夏祭盆踊り大会」の実行委員長を務める

川井 博之さん

鶴牧在住 64歳

7月25日号

越村 有貴さん

10月に中国で開催されるミニゴルフ世界選手権大会の日本代表に選ばれた

越村 有貴さん

中沢在住 

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小多機の利用法学ぶ

小多機の利用法学ぶ

西永山の「こもれび」で

10月19日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月3日号

お問い合わせ

外部リンク