多摩版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

「多摩市民文化祭」を主催する「多摩市文化団体連合」の理事長を務める 青木 ひとみさん 桜ヶ丘在住 

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

伝統芸能・文化を次の世代へ

 ○…「未来につなごう多摩の文化」をテーマに10月12日から11月11日までパルテノン多摩などで開催されている「多摩市民文化祭」。多摩市とともに主催する文団連の理事長に今年5月に就任し、舵取り役を担う。市内で活動する団体の発表の場でもある同祭。「文化祭を知らない人もいる。一般の方たちでも参加できるので、もっとPRして多くの方に参加してもらえたら」と呼び掛ける。

 ○…参加団体の多くが直面している課題。それが高齢化だ。「今の若い方たちは忙しい。子どもたちにも参加してもらえる文化祭にしていきたい」。そうした思いが今年のテーマに込められている。多摩市日本舞踊連盟の会長も務めており、自身が主宰する教室や小・中学校での出前授業など「ライフワーク」という伝統芸能の継承に日々取り組む。「古くから伝わる文化・伝統を未来につなげていくことは大事なこと」と笑顔で語る。

 ○…母親も同連盟の会長を務めていたことがあり、親子2代で要職に就く。その母親の影響で日本舞踊を3歳から始めた。音楽にのせて踊ることが好きでその道を歩んできた。16歳で名取、18歳で師範になった。現在も舞踊家として自ら舞台に上がりながら、師範として後進の指導にもあたる。最近では、古典演劇、流鏑馬にも挑戦する。「武士の家系なので、観ているとやりたくなってきちゃって。血が騒ぐんですかね」と豪快に笑う。

 ○…考えたらとりあえずやってみるという性格。その行動力と忌憚のない発言で周囲を驚かせることもあるという。「次世代への継承」が活動の原動力でもあり、今後の目標だ。「文団連もそう。若い世代に繋ぐ橋渡し役。それが私の役目」。人とのつながりを大切に、これからもそのライフワークは続いていく。

多摩版の人物風土記最新6

石原 静さん

4月に東京都行政書士会府中支部の支部長に再任した

石原 静さん

諏訪在住 

5月16日号

高瀨 聖子さん

「一般社団法人国連平和の鐘を守る会」の代表を務める

高瀨 聖子さん

中沢在住 71歳

5月1日号

高橋 賢さん

「インクルスポーツクラブ多摩」のメンバーで、多摩コミュニティビジネス交流会を主宰する

高橋 賢さん

市内在勤 49歳

4月18日号

齋藤 なずなさん

「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門で優秀賞を受賞した

齋藤 なずなさん

豊ヶ丘在住 73歳

4月4日号

永田 昌弘さん

春のセンバツに出場する国士舘高校野球部の監督を務める

永田 昌弘さん

一ノ宮在住 61歳

3月21日号

小田島 怜さん

今シーズンからサッカーJ3・SC相模原に入団した

小田島 怜さん

豊ヶ丘在住 22歳

3月7日号

柴田 孝司さん

2月で設立10周年を迎えた「たまロケーションサービス」の代表を務める

柴田 孝司さん

連光寺在住 74歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

100本のバラが見頃

100本のバラが見頃

グリーンライブ「ローズウィーク」

5月11日~5月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク