多摩版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

「東京たま桜」の連長を務める 西田 淳也さん 市内在勤 47歳

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

阿波踊りで「せいせき」活性化

 ○…聖蹟桜ヶ丘で唯一の阿波踊りの連「東京たま桜」の連長を務める。11月23日(土)午後2時から「聖蹟桜ヶ丘阿波踊り」を聖蹟桜ヶ丘駅西口交番前広場で開催する。今回で8回目を迎え、過去の写真を使ったポスターや、SNSを使って周知することで、回を追うごとに観衆も増えてきた。今回も約30人による流しと、組踊りを披露する予定だ。「見てもらうだけでなく、一緒に参加してもらえたら。せいせきの街を盛り上げていきたいですね」と笑顔で語る。

 ○…毎年4月に行われる「せいせき桜まつり」の阿波踊りの演舞に「地元の連が参加していないのは寂しい」と、徳島出身で勤務先の英会話教室の代表と3年前に発足させた。人前で踊ることに抵抗があったが、いざ踊ってみると「楽しい」と夢中になっていった。踊りと演奏が互いに高めあい、演者の笑顔が観客に伝播していく。年齢も性別も国籍も関係なく、様々な人たちが集まり、つながっていく。その魅力にすっかり染まった。

 ○…長野県諏訪市の出身。専門学校進学のために上京。結婚を機に現在の職場に勤め始めた。英語も外国人と付き合うのも初めてで、子ども用の教材で英語を学んでいった。最近は教室の外国人講師たちも阿波踊りに参加してくれる。「英語が話せなくても踊りで通じ合える。日本の伝統文化を広めることもできたかな」と微笑む。

 ○…小学生の息子も連に参加し、義父母と一緒に3代で阿波踊りを楽しんでいる。「貴重な時間になっていますね」と目尻をさげる。その阿波踊りで街の活性化をしていくことが目標だ。仲間を増やし、イベントを継続し、地域に根付かせることが課題。阿波踊りと言えば聖蹟桜ヶ丘。そう呼ばれる日まで、仲間と一緒に踊り続けていく。
 

多摩版の人物風土記最新6

槇野 稔さん

多摩消防署の署長に就任した

槇野 稔さん

市内在勤 54歳

11月28日号

石川 良一さん

東京都議会議長に就任した

石川 良一さん

稲城市在住 67歳

10月31日号

岩井 文丈さん

9月2日付で多摩中央警察署の署長に就任した

岩井 文丈さん

市内在住 56歳

10月17日号

三浦 摩利さん

多摩中学校の教員で、地域イベントの司会を務めた

三浦 摩利さん

市内在住 

10月3日号

天野 龍さん

多摩消防署1部特別救助隊のチームリーダーを務める

天野 龍さん

市内在勤 33歳

9月19日号

森谷 祐夢さん

インターハイ新体操男子個人の部で総合優勝した

森谷 祐夢さん

桜ヶ丘在住 16歳

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

幻想的な光の空間がお出迎え

幻想的な光の空間がお出迎え

多摩センターイルミネーション

11月16日~1月13日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク