多摩版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

「東京たま桜」の連長を務める 西田 淳也さん 市内在勤 47歳

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

阿波踊りで「せいせき」活性化

 ○…聖蹟桜ヶ丘で唯一の阿波踊りの連「東京たま桜」の連長を務める。11月23日(土)午後2時から「聖蹟桜ヶ丘阿波踊り」を聖蹟桜ヶ丘駅西口交番前広場で開催する。今回で8回目を迎え、過去の写真を使ったポスターや、SNSを使って周知することで、回を追うごとに観衆も増えてきた。今回も約30人による流しと、組踊りを披露する予定だ。「見てもらうだけでなく、一緒に参加してもらえたら。せいせきの街を盛り上げていきたいですね」と笑顔で語る。

 ○…毎年4月に行われる「せいせき桜まつり」の阿波踊りの演舞に「地元の連が参加していないのは寂しい」と、徳島出身で勤務先の英会話教室の代表と3年前に発足させた。人前で踊ることに抵抗があったが、いざ踊ってみると「楽しい」と夢中になっていった。踊りと演奏が互いに高めあい、演者の笑顔が観客に伝播していく。年齢も性別も国籍も関係なく、様々な人たちが集まり、つながっていく。その魅力にすっかり染まった。

 ○…長野県諏訪市の出身。専門学校進学のために上京。結婚を機に現在の職場に勤め始めた。英語も外国人と付き合うのも初めてで、子ども用の教材で英語を学んでいった。最近は教室の外国人講師たちも阿波踊りに参加してくれる。「英語が話せなくても踊りで通じ合える。日本の伝統文化を広めることもできたかな」と微笑む。

 ○…小学生の息子も連に参加し、義父母と一緒に3代で阿波踊りを楽しんでいる。「貴重な時間になっていますね」と目尻をさげる。その阿波踊りで街の活性化をしていくことが目標だ。仲間を増やし、イベントを継続し、地域に根付かせることが課題。阿波踊りと言えば聖蹟桜ヶ丘。そう呼ばれる日まで、仲間と一緒に踊り続けていく。
 

多摩版の人物風土記最新6

松原 俊範さん

大松台小学校の未利用地を開墾するなど地域で植栽活動などを行う

松原 俊範さん

鶴牧在住 66歳

11月19日号

中山 善助さん(芸名:近江大介)

元日活の大部屋俳優で、初主演作『人生とんぼ返り』が11月22日から公開される

中山 善助さん(芸名:近江大介)

愛宕在住 92歳

11月5日号

矢野 桂子さん

「せいせき音フェス実行委員会」の実行委員長を務める

矢野 桂子さん

連光寺在住 58歳

10月22日号

浅井 英夫さん

東京都八南歯科医師会の多摩支部長(多摩歯科医会会長)を務める

浅井 英夫さん

桜ヶ丘在住 58歳

10月8日号

岸 孝司さん

多摩市バスケットボール連盟の理事長を務める

岸 孝司さん

貝取在住 46歳

9月24日号

千田 拓雄さん

多摩稲城交通安全協会の会長を務める

千田 拓雄さん

聖ヶ丘在住 69歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク