多摩版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

昨年末、多摩市選挙管理委員会の委員長に再任した 黒澤 菜穂子さん 桜が丘在住 64歳

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

「一票」に使命感 伝え守る

 ○…2年前から委員長を務め、昨年末再任。衆院選、都議選と過密スケジュールが予想される今年の舵取りも任された。地域や学校で活動するなか、推薦を受け委員となり今年で13年目。「市民の皆さんの大事な1票を預かる仕事。これまで通り、公正に、緊張感をもって取り組んでいきたいと思います」。謙虚に語りつつ、目には強い意志を示す。

 ○…現在、選管として力を入れていることの1つが、子どもたちへの主権者教育だ。教育委員会などと協力して、模擬投票などを行う出前授業を市内の小中学校や高校で主宰。子どもたちに一票の尊さを伝えている。授業で「18歳になったら選挙に行きたい」と言ってもらえることが活動の励みに。市内に住んでいる孫からも「将来、もらいたい言葉」と笑顔をみせる。

 ○…埼玉県出身。1980年代後半に家族と共に多摩へ。緑が多く、たくさん公園がある。そんな子育てに最適な環境に引きつけられた。福島県の尾瀬ヶ原などで、キャンプをするのが当時の一大イベント。大好きな家族と夜、いくつもの星々を見るのが楽しみだった。注いだ愛が今、親となった2人の子どもたちの子育てに生かされている。そう実感できることが当時をより輝かせてくれる。

 ○…目下の悩みは、コロナ禍のなかでの選挙。昨年7月の都知事選では対策を講じ、トラブル無く進行することができたものの、感染拡大への不安は尽きない。いかに市民に安心して投票してもらうか--。「常に支えてもらっています」と話す会の事務局メンバーらと共に状況を探っていくつもりだ。「選挙は民主主義の根幹となるもの。関係者の協力を得ながら、守っていきたいと思います」

多摩版の人物風土記最新6

ライモイ・ヴィンセントさん

先月行われた関東インカレ(1部)のハーフマラソンで優勝した

ライモイ・ヴィンセントさん

国士舘大学4年

6月10日号

荒井 永理さん

生活に困窮するひとり親家庭に食品を配布する取り組みを進める

荒井 永理さん

聖ヶ丘在住 46歳

5月27日号

加藤 岳洋さん

オリジナルキャラクターを生み出し、地域の活性化につなげている

加藤 岳洋さん

諏訪在住 44歳

5月13日号

矢島 聖蘭さん

昨年度末に行われた競技カルタの全国大会・中学生の部で日本一となった

矢島 聖蘭さん

和田中学校3年

4月29日号

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

一般企業を定年退職後、小説家に転身した

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

聖ヶ丘在住 74歳

4月15日号

福田 将宏さん

地域の盛り上げ役となるべく立ちあがった「移動商店街」の代表を務める

福田 将宏さん

豊ヶ丘在住 35歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter