多摩版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

一般企業を定年退職後、小説家に転身した 安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章) 聖ヶ丘在住 74歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

「たまたま」筆業に没頭中

 ○…今年1月に最新作を刊行。2009年にデビューしてこれで3作目となった。いずれも本格派ミステリーで知人から聞いた話や自身の周辺で起こった事を題材としてきた。書き進めるうちに物語にのめり込んでいき、筆が止まらなくなるのは毎度のこと。「いくら書いても負担にならないんですよね。物語の完結を知りたいという思いの方が強いんです」

 ○…書き始めたのは「たまたま」と話す。製薬会社に勤務していた際、市内の医療機関に勤める知人に依頼され、内部向けの広報誌に代理執筆したことがきっかけとなった。作家を兼ねる医師の目にとまり、「センスがある」という評価。それまで小説を書いたことは無かったが、取り組んでみると思ったよりも筆が進んだ--。元々の話し上手。周囲を楽しませたいという思いが「言葉」を生んでいる。

 ○…定年退職後は、これまで関わっていなかった地域活動にも力を入れるように。5年前に知人の依頼を受け、多摩市のゴルフ連盟の設立に関わると、市の体育協会や社会福祉協議会への協力も求められ、今では子ども食堂の運営を見守ることも。その多忙ぶりに妻はあきれ顔だが、「頼られたら『断らない』が信条なんですよ」。そんな思いに周囲の信頼が集まる。

 ○…4作目に取りかかり始めた。今回舞台となるのは多摩ニュータウン。退去を考えるものの、「終の住み処」が見つからない高齢者らの葛藤を描きたいと考えている。社協の理事として得た情報を元にし、今回初めてドキュメントタッチの作品をイメージしている。「問題提起の思いもある。弱者を救いたいと考えちゃうんですよね」。そのフットワークは筆同様、まだまだ止まりそうにない。

多摩版の人物風土記最新6

ライモイ・ヴィンセントさん

先月行われた関東インカレ(1部)のハーフマラソンで優勝した

ライモイ・ヴィンセントさん

国士舘大学4年

6月10日号

荒井 永理さん

生活に困窮するひとり親家庭に食品を配布する取り組みを進める

荒井 永理さん

聖ヶ丘在住 46歳

5月27日号

加藤 岳洋さん

オリジナルキャラクターを生み出し、地域の活性化につなげている

加藤 岳洋さん

諏訪在住 44歳

5月13日号

矢島 聖蘭さん

昨年度末に行われた競技カルタの全国大会・中学生の部で日本一となった

矢島 聖蘭さん

和田中学校3年

4月29日号

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

一般企業を定年退職後、小説家に転身した

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

聖ヶ丘在住 74歳

4月15日号

福田 将宏さん

地域の盛り上げ役となるべく立ちあがった「移動商店街」の代表を務める

福田 将宏さん

豊ヶ丘在住 35歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter