多摩版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

多摩市50周年を記念する公演を主宰する「市民劇団TAMA」の代表を務める 横田 まさこさん 川崎市在住 62歳

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

「自分そのもの」に感謝

 ○…公演は一昨年の7月以来。1984年の設立から毎年開催してきた舞台を昨年は新型コロナの感染拡大を受け開けず、久しぶりの公演が「50周年記念」という冠のつく大舞台になった。主演を務めながら演出も担当。多摩にまつわる昔話をまとめ、街の歩みを振り返りながら、観客をゆかいで不思議な空間へと導いていきたいと考えている。「多くの方に協力して頂いた。感謝の気持ちをもって臨みたい」

 ○…元教員。定年退職するまで多摩を始めとする東京都内の小学校で子どもたちに指導する毎日を送っていた。率いて40年近くなる劇団に入会したのは大学生の時。小中高と続けてきた演劇を「実家のある稲城市近くで」と門を叩いたのが始まりだった。就職や結婚、転勤など日常に変化が起こるなかで素の自分に戻れる場。「劇団は私そのものと言えるところです」と振り返る。

 ○…どちらかと言えばおっとりとした性格。ただ、20代で劇団の代表を任されるなど、いつの間にかリーダー役がまわってくるようになったのは演劇を始めた小学校高学年の時から。舞台で身につけた物おじしない心が元々の「しっかりもの」を際立たせてくれた。「舞台が成長させてくれたと思います。幼い頃は人見知りだったんですよ」

 ○…コロナ禍のなかでの公演。出演者の数を減らし上演時間を短縮させるなど、観客が安心して観覧できるように当日まで試行錯誤が続くが「舞台に立てる」楽しみを抑えきれないでいるのも正直なところ。学校退職後はバレエや歌などを学び始め、生徒の気持ちでチャレンジする日々が活力を与えてくれている。「年を重ねても学ぶのは楽しいです」。生涯いち舞台人。自分を演出することにも抜かりなしだ。

多摩版の人物風土記最新6

西村 卓人さん

多摩青年会議所(JC)の理事長に就いた

西村 卓人さん

町田市在住 34歳

1月20日号

渡貫 淳子さん

食品ロスなどに関する講演を2月に行う南極地域観測隊の調理隊員だった

渡貫 淳子さん

八王子市在住 48歳

1月6日号

永吉 英記さん

タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した

永吉 英記さん

日野市在住 50歳

1月1日号

知念 蓮さん

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する

知念 蓮さん

八王子市在住 23歳

12月16日号

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook