多摩版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

多摩市50周年の記念ビールづくりに協力した関戸で酒店を経営する 小山 喜明さん 関戸在住 45歳

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

マイペースで次世代担う

 ○…多くの品ぞろえで評判の酒店を運営する。「記念ビールを」と話が持ち上がった際、真っ先に相談を持ちかけられた。企画した周年行事にあたる実行委員会や長い付き合いの蔵元らと試行錯誤を重ね、選んだのがクセのない誰でも楽しめる味。「毎日でも飲めるものに。このビールを飲みながら多摩のことを振り返ってもらえたら」。180センチ近い身体を屈めてそう話す。

 ○…大正時代から続く店を継いで2年が過ぎた。先代で父親の喜八さんが未だ現場に立っていることから、自身が店を引っ張っているという意識はまだ薄い。店を人気店へと押し上げた父親。跡継ぎとしてプレッシャーを感じることもあるが、「自分は自分」とマイペースで今は学びを重ねる毎日だ。陽気さと共に地道な仕事をいとわない心も父から受け継いでいる。

 ○…元々のお酒好き。勉強として日々、試飲を繰り返すなか晩酌も欠かさない。お酒は1日の「締め」。楽しかった時も、悲しい出来事のあとでも「付き合ってくれる」と。一方でお酒は社員教育の手段にもなっている。共に試飲し知識を身につけさせるとお客さんの前で饒舌になるという。「知っていることはしゃべりたくなりますからね」。フレンドリーな接客。人気店の秘密だ。

 ○…生まれ育った街が50周年を迎えた。ハンドボール選手として活躍した学生時代。推薦で進学し、福井県などで過ごした時に多摩や実家の魅力を再認識することになった。周年に対し、「まだ50年か」が実感。自分たちの若い世代が地域を盛りあげていかなければという思いが芽生え始めている。「まず今回のビールをPRしていくのが私の役割です」。多摩にも「二代目世代」の時代がやってきた。

多摩版の人物風土記最新6

西村 卓人さん

多摩青年会議所(JC)の理事長に就いた

西村 卓人さん

町田市在住 34歳

1月20日号

渡貫 淳子さん

食品ロスなどに関する講演を2月に行う南極地域観測隊の調理隊員だった

渡貫 淳子さん

八王子市在住 48歳

1月6日号

永吉 英記さん

タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した

永吉 英記さん

日野市在住 50歳

1月1日号

知念 蓮さん

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する

知念 蓮さん

八王子市在住 23歳

12月16日号

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook