多摩版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する 知念 蓮さん 八王子市在住 23歳

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena

「無駄な自信」前進促す

 ○…インターネット上のライブ配信サービスを使い、歌ったりトークするなど視聴者の要望に応え、「投げ銭」をもらうライバーという職業を選んでおよそ2年。アルバイトを辞め、本業にするほど順調に視聴者は増えているが、今年に入って多摩センなどでライブを始めた。アコースティックギター片手に弾き語りするシンガーソングライター。「やはり生音を多くの方に聞いてもらいたかったんですよね」

 ○…実は本格的にヴォーカルとして歌い始めてまだ3年。高校卒業後、入学した専門学校を辞めてフリーターだった時にメンバーを募集していたバンドに加入して以来。その甘い歌声に仲間から「合格点」をもらい、ステージの中央に立つと震えるほど緊張したものの、自己表現できたことに喜びを感じた。「無駄な自信があるんですよね。俺はやれるって」。そんな恐れを知らぬ心が前進を促す。

 ○…ライバーとしてそのトークもファンの心をつかむ要素。流暢とは言えない少年ぽさが残る語り口だが、「みなに寄り添うことができれば」と一所懸命話す姿に引きつけられる。常に相手の喜ぶことを探り、尊敬するアーティストの物まねをすることも。高校まではサッカー一筋。不器用ながらそんなやさしさが混じりけのない歌声にも表れている。

 ○…多摩センなどで実践を積むなか、見据えるのがワンマンライブだ。100人程度が入れるライブハウスを借りて来年にも実施したい考えで、自身で作詞作曲したものと「力をもらってきた」と話す90年代に発表されたバラードのカバーなどを披露するつもりでいる。「今度は私が力を与える側になりたいんです。自信があります」。何ものにも代えがたい時を過ごしている。

多摩版の人物風土記最新6

高橋 英與さん

多摩ニュータウン・愛宕地区などのコミュニティ再生に取り組む

高橋 英與さん

八王子市在住 73歳

5月12日号

白井 美恵子さん

創立45周年を4月に迎えた多摩市民謡連盟の会長を務める

白井 美恵子さん

連光寺在住

4月28日号

陰山 峰子さん

多摩市副市長に4月1日、就任した

陰山 峰子さん

都内在住 52歳

4月14日号

宮嶋 良考さん

ハンドボールの小学生・都大会で先ごろ、優勝した多摩市内クラブの代表を務める

宮嶋 良考さん

一ノ宮在住 54歳

3月31日号

花枝 聖さん

「元気を送る」シンガーソングライターとして活動する

花枝 聖さん

稲城市観光大使 40歳

3月24日号

道具 小路さん

多摩市を舞台にした高校生の青春を描いた小説を先ごろ、発行した

道具 小路さん

馬引沢在住 33歳

3月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook