大和版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

(PR)

中央林間病院リポート【3】 見つかる大腸がん 近年急速に増加、男女とも罹患率第2位

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 大和市で地域に寄り添った医療を提供している中央林間病院(中央林間4の14の18、社会医療法人三栄会)では、日本人の死因の大部分を占める「がん」の早期発見と治療に尽力しており、市民にがん検診の重要さを訴えている。今回は健診部の千勝泰生医師に大腸がんについて話を聞いた。

身近ながん

 ある俳優が末期の大腸がんと告白してから、わずか1カ月での訃報に衝撃を受けた人も多いはず。大腸がんは今や日本人男性の11人に1人がかかるという身近ながんで、男女ともなりやすいがんの2位である。発見後5年間の死亡率は初期だと5%、末期だと58%に上がる。初期では自覚症状がほとんどないため、早期発見が重要となる。

欧米化により急増

 大腸がんは、大腸の内側の表面にある粘膜に発生する。食や生活の欧米化などにより戦後急増した。遺伝的なものもあり、また年齢が高いほど罹患しやすい。

 肺がんや胃がんなどほかのがんに比べて手軽で有効に発見できるのが特徴。『便の検査』で微量の出血から発見することができる。「痛くなく手軽にでき、がんだけでなくほかの疾患も発見できる有用な検査です」と千勝医師。

ぜひ便潜血検査を

 初期治療は内視鏡を使用しがんを切除する。進行すると外科手術が必要になる。千勝医師は「早期発見には年1回の便潜血検査を受ける事が大切。必ず2回分の検査を」と呼びかける。

中央林間病院

大和市中央林間病院4-14-18

TEL:0120-526-011

http://www.hospital-crg.net

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6

家具備え付け、即入居可

南林間駅東口 徒歩約6分の好立地

家具備え付け、即入居可

随時施設見学を実施中(要予約)

7月31日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

7月31日号

引越すことなくずっと住み続けられる

マンションも戸建も

引越すことなくずっと住み続けられる

相鉄の「住んだまま買い取りプラス」が好評

7月24日号

日々のお水は安全安心ですか?

日々のお水は安全安心ですか?

アクアクララが最安値で子育てを応援

7月17日号

股関節疾患治療のいま

第25回 座間総合病院 ”出張”健康講座

股関節疾患治療のいま

イオンモール座間で7月25日 午前10時30分から

7月10日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム

「所有の不動産買います」

スピード現金化 最短48時間

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク