大和版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

(PR)

中央林間病院リポート【3】 見つかる大腸がん 近年急速に増加、男女とも罹患率第2位

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 大和市で地域に寄り添った医療を提供している中央林間病院(中央林間4の14の18、社会医療法人三栄会)では、日本人の死因の大部分を占める「がん」の早期発見と治療に尽力しており、市民にがん検診の重要さを訴えている。今回は健診部の千勝泰生医師に大腸がんについて話を聞いた。

身近ながん

 ある俳優が末期の大腸がんと告白してから、わずか1カ月での訃報に衝撃を受けた人も多いはず。大腸がんは今や日本人男性の11人に1人がかかるという身近ながんで、男女ともなりやすいがんの2位である。発見後5年間の死亡率は初期だと5%、末期だと58%に上がる。初期では自覚症状がほとんどないため、早期発見が重要となる。

欧米化により急増

 大腸がんは、大腸の内側の表面にある粘膜に発生する。食や生活の欧米化などにより戦後急増した。遺伝的なものもあり、また年齢が高いほど罹患しやすい。

 肺がんや胃がんなどほかのがんに比べて手軽で有効に発見できるのが特徴。『便の検査』で微量の出血から発見することができる。「痛くなく手軽にでき、がんだけでなくほかの疾患も発見できる有用な検査です」と千勝医師。

ぜひ便潜血検査を

 初期治療は内視鏡を使用しがんを切除する。進行すると外科手術が必要になる。千勝医師は「早期発見には年1回の便潜血検査を受ける事が大切。必ず2回分の検査を」と呼びかける。

中央林間病院

大和市中央林間病院4-14-18

TEL:0120-526-011

http://www.hospital-crg.net

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6

脱腸手術の実績が781件

脱腸手術の実績が781件

日帰りに対応 たまプラ駅そば

11月22日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

放置せず専門医へ相談を

11月22日号

「知らないと損をする!」相続・節税・認知症のあれこれ

11月30日(土)弁護士・税理士による「資産承継対策セミナー」 積水ハウス

「知らないと損をする!」相続・節税・認知症のあれこれ

11月15日号

ひらしんビッグアドバンス

中小企業の経営をトータルサポート

ひらしんビッグアドバンス

400以上の大手企業も参加

11月15日号

相続対策・土地活用セミナー

資産を活かし、承継するためのノウハウ満載 11月21日

相続対策・土地活用セミナー

参加無料・個別相談会も同時開催

11月15日号

個性見つけるバレエ教室

個性見つけるバレエ教室

4校目、中央林間にオープン

11月15日号

起業の「コツ」を学ぼう

やまと創業カフェ

起業の「コツ」を学ぼう

市内の先輩創業者の講話も

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日は手づくりマルシェ

中央林間

24日は手づくりマルシェ

恒例の復興支援企画も

11月24日~11月24日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク