大和版 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう)の記事一覧

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     彼岸の季節です。俳句では「彼岸」というと春の彼岸を指します。秋は、「秋彼岸」又は、「後の彼岸」と呼びます。  今月は「...(続きを読む)

    9月11日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 269花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     八月八日頃の「立秋」を過ぎた頃から、なんとなく秋の気配をそれとなく感じます。  今月は「自分を愛(いと)しいものと知る...(続きを読む)

    8月7日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 268花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     今月は、布施(ふせ)というは、不貧(ふとん)なり。不貧というは、貪(むさぼ)らざるなり。貪らずというは、世の中にいうへつらわざるなり、です。...(続きを読む)

    7月3日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 267花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     今月は仲夏になり、野山の緑も濃くなって、すべての風景が夏模様となります。  今月は「大(おお)よそ修行は、時を知る第一...(続きを読む)

    6月5日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 266花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     緑樹、緑陰の季節となりました。今月は「雲は晴天に在り、水は瓶(びょう)に在り」です。 出典は、中国、唐、...(続きを読む)

    5月15日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 264花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     三月は仲春で寒さと温かさが交互に続き、一日ごとに日が長くなるのが感じられます。  今月は「怠けている人の中で一人努力し...(続きを読む)

    3月6日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 263花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     2月の暦に立春があるものの、寒さが一年で一番厳しい月です。  今月は「ふたり枕を並べてねたるに、ひとりは悪夢を見、独り...(続きを読む)

    1月31日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 262花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     読者の皆様方におかれましては良いお年をお迎えの御事とお慶び申し上げます。  最初の月は少し長い文言で「怒らないことによ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 徒然想(つれづれそう)

    徒然想(つれづれそう)

    連載 261花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

     今年、五月に元号が「令和」に変わり、十月に即位礼正殿の儀があり、何か今年は例年より早く月日が流れたように思います。一年の最後の月は「空中では種子は生...(続きを読む)

    12月6日号

  • 1

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク