大和版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

一足早く「サクラサク」 桜火魂、小学生DB(ドッジボール)で県準V

スポーツ

準Vの桜火魂メンバー
準Vの桜火魂メンバー

 市内のドッヂボールチーム「桜火魂(おうかそうる)」が1月28日、相模原市で開催された「第27回春の全国小学生ドッジボール選手権神奈川大会」で準優勝した。

 大会の選手宣誓も務めた主将の田口颯太君(藤沢市立長後小6年)は「攻守ともによかった。皆がいつも以上に声を出していたから」と笑顔で大会を振り返った。

 33チームが出場した大会は、4〜5チーム毎に分かれて予選リーグを戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出し優勝を争った。

 予選を全勝で勝ち上がった桜火魂は、決勝トーナメントも危なげなく勝ち進み、当初の目標だった「ベスト4」を決める準々決勝も、内野の選手が1人も当てられることなく勝利。3セット制となる準決勝も2セット連取であっさり決勝へコマを進めた。

 決勝は相模原市の上溝スーパーファイターズになすすべなく完敗。「チーム力に差があった」と岡部翼監督は実力差を認めたが、「最高にかっこよかった」と選手をほめたたえた。

チーム合併で低迷直前合宿で一つに

 チームは昨年4月、「福田メッツ」と「ファイヤーボール」の2チームが統合してできた。当初は、お互いの練習方法などの違いから一つになりきれず、予選リーグでの敗退が続いていた。岡部監督は練習方法などを模索。チームの意識を少しずつ変えていった。

 チームの雰囲気がかわってきたのは11月末に行った強化合宿後。12月の大会では少しずつ結果が出るようになり、チームはそのまま波に乗った。

 準優勝の桜火魂は、惜しくも全国大会出場は逃したが、3月11日(日)に群馬県で開催される第2回春の関東ドッジボール選手権に出場する。攻守の要として活躍した鴨下凌雅君(福田小6年)は「自分たちで声を出してテンションをあげていければ」と関東大会での予選突破を誓った。
 

選手宣誓をする田口主将
選手宣誓をする田口主将
練習にも熱が入る
練習にも熱が入る

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青葉祭が開催

青葉祭が開催

27日 聖セシリアで

5月27日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク