大和版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

古希(70歳)に合わせ、初めての個展を開く 佐藤 明さん 西鶴間在住 71歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

趣味も仕事も一所懸命

 ○…個展は、70歳の誕生日に合わせて昨年同時期に開催を予定していたが、緊急事態宣言期間と重なり、中止を余儀なくされた。1年延期しての待望の開催。70歳のうちにはできなくなり、個展初日の翌々日には72歳になる。「でも71歳の間にできるから」と照れ臭そうに頭を掻いた。

 ○…絵を描くようになったのは20歳を過ぎてから。中学の写生の授業で、教諭から『君は絵の具の使い方がダメだなぁ』と言われたことから、自分で絵は下手だと思い込んでいた。塗装店を営む父を手伝う意味もあり、「仕事の役に立てば」とデザインの専門学校に通ったが「面白いとは思えなかった」。ただ石膏デッサンだけは「白紙に木炭で描くと、ものが立体的に浮かび上がってくる驚き」が新鮮で、もう少し続けたいと思った。絵心に目覚めたのはそれから。画材店の紹介で絵画を習い続けた。実は、父も若い頃が絵が好きで、塗装店の社名「青竜社」は、画家・川端龍子の立ち上げた日本画の団体にあやかってつけた名前だった。

 ○…絵画に加え、太極拳にも熱を入れるなど、趣味に生きた20代。しかし結婚を機に封印。30歳から10年間は、脇目も振らずに仕事に集中すると決めた。「若かったのでいくら酷使しても大丈夫だった。人にも時代にも恵まれた」と事もなげ。「少し余裕ができたので」と40歳を過ぎてから再び筆を持ち、キャンバスに向き合った。「真っ白なキャンバスに筆を置く瞬間はワクワクして忘れられない」と初々しい気持ちが蘇った。

 ○…同じ頃、太極拳も再開。現在は指導者として教室を開く腕前。コロナの影響で来年に延期となった高齢者の文化・スポーツの祭典「ねんりんピックかながわ」に神奈川代表として出場する。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

市内中央在住 44歳 

6月11日号

塩見 直樹さん

つきみ野でファーマーズマーケットを企画する

塩見 直樹さん

つきみ野勤務 57歳

6月4日号

小山 洋市さん

5月10日付で大和市副市長に就任した

小山 洋市さん

鶴間在住 62歳

5月28日号

小川 穣さん

ハーブ農家で、関連のNPO法人の代表を務める

小川 穣さん

上和田在住 42歳

5月21日号

吉澤 弘さん

第61代大和市議会議長に選出された

吉澤 弘さん

西鶴間在住 59歳

5月14日号

佐藤 明さん

古希(70歳)に合わせ、初めての個展を開く

佐藤 明さん

西鶴間在住 71歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter