海老名版 掲載号:2012年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

海老名駅西口地区 今秋を目標に市街化編入 2015年度までの事業完了目指す

政治

JR海老名駅からの事業地
JR海老名駅からの事業地

 海老名駅西口の区画整理事業がいよいよ動き出す。市は今月11日に開いた説明会の中で、今後のスケジュールを公表。今秋を目標に市街化区域への編入を完了させ、事業着手したい考えを明らかにした。

 当該地はJR相模線海老名駅の北西側に位置する特定保留区域の16ヘクタール。1984年に市街化区域への編入予定地とされて以来、事業化へ向け地権者と行政がさまざまな取り組みを進めてきた。しかし事業実現には至らず、海老名の中心市街地形成はビナウォークを中心とした東口が先行していた。

 しかし2009年秋の第6回線引きを前に9割を超える地権者が市街化編入に対し、同意。このことから25年来、進まなかった西口の区画整理事業が実現へ向け前進し、計画的な市街地整備の見通しが明らかになった時点で、市街化区域に編入する「特定保留区域」に位置づけられた。

 土地利用に関し、市では「商業・業務機能と居住機能を兼ね備えた形成を目指す」としている。まちづくりの核となるセンター用地には一昨年秋に、大形複合ショッピングセンター(仮称)「ららぽーと海老名」の出店計画が表面化。現時点では正式決定ではないものの、市幹部は「90パーセント以上の確率で、ららぽーとは必ず進出していただける」としている。

 街区内はこのセンター用地のほか、教育文化施設や宿泊施設の立地が見込まれる高次機能複合用地、住宅用地、住・商複合系用地、タクシーの待機場などとして利用される多目的用地などから構成。計画人口3千人と想定し、新たに3千人分の雇用が創出される試算をしている。

 11日の説明会で市担当は「30年ほどかけ、ようやく方向性が見えてきた。東口と(JRと小田急の間の)駅間、西口が一体となったまちづくりを考えている。他市にはない中心市街地を作り上げたい」と話した。

 今後は早期に市案を県に申し出を済ませ、秋には市街化区域に編入する計画。その後、仮換地の指定などを経て造成工事を進め、2015年度までの事業完了を目指したい考え。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク