海老名版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

国分はやし保存会の「ひょっとこおどり」を担当する 小山(こやま)幸平(こうへい)さん 国分南在住 92歳

長生きの秘訣は働くこと

 ○…太鼓を叩く子どもたちの後ろから「ひょっとこ」の面をつけて滑稽な踊りをしながら登場する。囃子に合わせて動き、見ている人を楽しませる「ばか面おどり」。これを担当するのが92歳の大ベテランだ。青年団時代の20歳まで学び、戦争で一時中断するも1976年に復活を果たした「国分はやし保存会」の当初から携わる。「いつまでも元気にいるには、何かをしていないとダメ。生涯現役を続行中よ」

 ○…幼少時代の学芸会ではいつも主人公役。舞台に立つのが得意で毎回任された。したきりすずめに始まり、河内山宗春や忠臣蔵、お富与三郎などなど、講談や落語、物真似までこなす芸の達人。「昔は部屋にこもってラジオを聴きながらよく練習したもんさ。すべて独学よ」とニンマリと笑う。今でも老人会などのイベントなどで披露するため、芸は昔のまま体に染み付いて離れないでいる。

 ○…シルバー人材センターの仕事は、まだ日があがっていない朝5時から海老名駅の清掃を始める。「朝6時にはキレイだんべ。嘔吐物の清掃でも進んでやるさ」という根っからの働き者。子どものときは川でうなぎを捕まえて小遣いにし、厚木基地で仕事をしているときは、数多くの資格を取って目の前のことに一生懸命になって従事した。その功績が賞状やメダルとなり、部屋にいくつも飾られている。「頼まれごとは何でも引き受ける。人に可愛がってもらうことが大事。そうなるには人が喜ぶことをしないと」。今でもそのスタイルは変わらない。

 ○…老眼鏡いらず、補聴器いらず。ヨガ、カラオケ、畑仕事など、体を動かすことが健康の秘訣。「なんでも嫌々やったらダメ。誇りを持って楽しんで取り組む。そうすれば長生きができるんよ」と声高く笑う。稽古場ではびっしょりの汗をかきながら「ふぅ」と一息入れ、面をつけてまた練習を繰り返す。「26日の本番も楽しむよ」

海老名版の人物風土記最新6件

福川 敦さん

海老名市テニス協会で会長職を務める

福川 敦さん

7月27日号

鈴木 武幸さん

ビナウォークの所長を務める

鈴木 武幸さん

7月20日号

小林 裕輝さん

えびなデイサービス連絡会の会長に就任した

小林 裕輝さん

7月13日号

桜林 芙美さん

乳がん患者が集う「おしゃべり会」を主催する

桜林 芙美さん

7月6日号

杉崎 文男さん

「海老名・共助社会づくり推進の会」の会長を務める

杉崎 文男さん

6月29日号

上田 尚輝(なおあき)さん

「海老名で第九を歌おう会」の団長を務める

上田 尚輝(なおあき)さん

6月22日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク