海老名版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

小学生のドッジボールチーム「フェニックス」の代表を務める 内山 勇さん 今里在住 57歳

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

「地域貢献」待ったなし

 ○…アルバムを開き「この時以来だな」と12年前の記事を指差し笑みを浮かべるのが創立18年目で神奈川県大会を初優勝し、12年ぶりに関東大会へと駒を進めた「フェニックス」の代表だ。リビング横の和室にはチームの写真が額に入れて並べられている。「この時は…、あの時は…」と写真を見ては当時の情景が思い浮かぶようだ。「地道にやってきたことが結果に結びついて嬉しい」

 ○…自身も根っからのスポーツマンで学生時代にはサッカーで全国大会に出場した経験をもつ実力者。小学生のころに出会った恩師からの「学んだものを地域へ恩返ししなさい」という言葉が頭に残っていて、昔から子どもたちへサッカーを教えるなど、常々地域貢献への意識を持ってきた。

 ○…結婚して海老名へ来ると「子どもたちが外で遊んでいない」。そんな状況を危惧し勢いで結成したのが「フェニックス」。当時は男子主流のスポーツが多かったが「男女共通」に楽しめるということからドッジボールを選んだ。「思い出作りの場」を提供するためドッジボール以外にも数多くの地域の祭などにも積極的に参加した。「初めに作ったユニフォームは私のお小遣いから作ったもの。妻に怒られましたねぇ」と目を細める。競技に関しては、右も左も分からない状態でドッジボール専用ボールではなく遊びで使うボールを持ってルールも分からないまま大会に出場したことも。「本当に恥ずかしくてボールを隠しましたね」と笑い話を語った。

 ○…今ではドッジボール漬けの日々。特に夏休みは休みをかき集め”超大型連休”を作り、選手たちのために時間を割いた。夏休み中は練習の合間に宿題の時間も作る。「スポーツだけ出来てもダメ。挨拶や私生活もとっても大事だよね」と子どもの成長を楽しむ。「本当に家にいなかったわね」と18年苦楽を共にチームを支えてきた妻と見つめ合い、お互い笑顔になった。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

後藤 哲雄さん

座間市の芹沢公園での美化活動に貢献する

後藤 哲雄さん

座間市東原在住 83歳

9月24日号

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

58歳

8月27日号

牧 篤矢さん

ビーチテニス日本代表として10月のワールドカップに出場する

牧 篤矢さん

綾瀬市深谷上在住 24歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook