海老名版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

自宅で地域交流イベントを行う 鈴木 信一さん 望地在住 68歳

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

情熱で人を動かす「火」に

 ○…ニッコリ笑顔と白く輝く「髭」がトレードマーク。髭を剃るのは「仕事の日」と決めていた。退職後、妻の「第2の人生なんだし、そのままでいいんじゃない」という一言により、髭を整えダンディな姿に至る。「一度見たら、だいだい皆覚えてくれるんだよ。防犯パトロールなんかでは子どもたちが飛びついてきてくれたり、髭をひっぱってきてくれんだよ」と目を細める。

 ○…干し柿や味噌作りの地域交流を自宅で行うほか、望地の自治会長や海老名中学校区の青少年健全育成連絡協議会の会長、海老名駅西口の開発事業にかかわるなどまちづくりに力を注ぎ、新しい住民が増える中で地域の伝統を守り伝え継続していく。生まれ育った望地では御囃子やお祭りがない中、正月の「どんど焼き」を大イベントとして企画。昔ながらに続けている人たちとともに、移り住んできた人たちも入りやすいようにと団子づくりを行ったほか、地元農家らが食材を提供して豚汁を振る舞うなど地域交流の触れ合いを深める場にした。「望地という地に愛情を持ってほしい。そこから安全が生まれてくる。都市化だけではなく調和が大事だよね」

 ○…築60年という昔ながらの家にはインターホンが無い。「人と話すときはやっぱり顔を見て話すのが一番でしょ」。コミュニケーションはもちろん人の”ぬくもり”を大切にしているからこそのこだわりがある。「ちなみに言うと、少し前まではポストも無かったし鍵も開けていたよ。『困るよ〜』と言われてするようにしたけど、やっぱりアナログがいいでしょ」

 ○…「火を付ける」という言葉が取材を盛り上げた。「1本のマッチから大きな火を起こすには準備が重要になる」と説く。農作業もまちづくりも夢も同じ。すべては地道な裏方作業があってこそ大きなものになっていく。「後悔しないように一つひとつやっていくよ」と将来を見つめる。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

古山 豊さん

10月30日から綾瀬市民展示ギャラリーで写真の個展を初開催する

古山 豊さん

綾瀬市吉岡在住 73歳

10月15日号

益淵 隆徳さん

海老名警察署の第17代署長に就任した

益淵 隆徳さん

海老名市大谷在勤 58歳

10月8日号

後藤 哲雄さん

座間市の芹沢公園での美化活動に貢献する

後藤 哲雄さん

座間市東原在住 83歳

9月24日号

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook