海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

市民有志ボランティア 「海老名の森」20周年 緑地で深まる地域の絆

社会

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena
落ち葉かきの様子
落ち葉かきの様子

 「上今泉秋葉台自然緑地」(中心荘近く)で雑木林の保全管理を行っている市民ボランティア団体「海老名の森」が、20周年を迎えた。田村耕三代表が始めた活動が近隣住民を中心に広まり、現在では20人のメンバーが定期的に森の手入れを行っている。

 「海老名の森」は同緑地の保全管理を目的に毎月1回会員らが集まり、草木の選定やごみ拾いを行っている。また、植物や野鳥の観察、野外炊飯などのイベントを催し、出会った仲間たちと交流を深めている。こうした活動を広めるため、毎月ニュースレターを作成。手紙やメールなどで多くの人に活動を報告し、5月で220通を超えるという。

 団体の設立は1995年。市外雑木林の保全ボランティアに携わった田村代表が、同様の活動を海老名でも出来ないかと考えたことがきっかけ。市に相談したところ、同緑地の保全ボランティアを請け負ったのが始まりだった。

 当時は雑草が生い茂り、粗大ごみなども捨てられ荒れ放題だったが、親子で始めた活動で森が綺麗になると、この様子を見ていた近隣住民が自発的に参加するようになっていった。

自然の中で音楽を

 同団体は、5月1日(日)に同場所で「森のコンサート」を開催する。ピアノやジャズコーラスの他、草笛による演奏も披露される予定。参加無料で午後1時から。田村代表は「新緑がきれいな森で生演奏を楽しみましょう」と呼びかける。問合せは田村会長【電話】090・6938・1678へ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク