海老名版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

海老名警察署の14代署長に就任した 土屋 重雄さん 中新田在住 56歳

署一丸の姿勢で犯罪抑止

 ○…これまで機動捜査隊長や捜査一課の刑事、昇任者対象の管区学校教官など、警察官の職務に打ち込んできた。小田原や厚木、相模原といった県内の警察署を中心に配属されたが、海老名署は初めて。新天地の印象について「今注目のまちでこれからますます発展していくと思う。一方で田んぼの昔ながらの街並みも残ってほしいね」と話す。海老名の人たちに警察署があってよかったと感じてほしい―。そう話す姿からは、市民を想う温かさがうかがえる。

 ○…藤沢出身、3人兄妹の長男として育った。幼少期は遊びやスポーツが好きな活発な子で、中学・高校では野球部へ。当時は「太陽にほえろ!」などの刑事ドラマが流行っていた時代。人のためになる仕事をしたいと刑事に憧れ、高校を卒業すると警察官の道へ。犯罪率がピークを迎えた時期には事件解決に追われ休みを取れないことも多々あったが、苦労して捜査し解決できた時が何よりも嬉しかったという。「被害者の方のうらみを晴らすことは警察しかできないからね」と自戒の念を込めて語る。

 ○…自宅の綾瀬には約30年前に越してきたが、現在は中新田の官舎住まい。目下の楽しみは、中学時代の同級生で33年間連れ添った愛妻との週末の「散歩」だ。天気の良い土日にはおにぎりを持って、県内の低い山を登っている。休日になると遊びに来る孫3人と公園でブランコや滑り台などをするのも至福のひと時だ。「もう本当に可愛くって」と目を細める。

 ○…初の署長職。署員たちの頑張りに頼もしさを感じ、「こいつらとならいい仕事ができる」と期待感に胸を膨らませる。特に注力するのは、近年増加傾向の特殊詐欺対策。気持ちの良い職場作りを目指し、署一丸となって取り組んでいく。

海老名版の人物風土記最新6件

山口 雄太さん

世界最高峰のダンスコンテストで3位入賞チームの一人として活躍した

山口 雄太さん

9月14日号

南 朋子さん

今年創立10年目を迎える小学生ドッジボールチーム「ゼブラ★パワーズ」の監督を務める

南 朋子さん

9月7日号

小西 眞琴さん

「第1回ビナウォーク接客ロールプレイングコンテスト」で優勝した

小西 眞琴さん

8月31日号

遠藤 牧夫さん

世界記録保持者で、高座施設組合屋内温水プールの水泳教室で講師を務めている

遠藤 牧夫さん

8月24日号

有山 祐治さん

海老名市消防団第8分団の分団長を務める

有山 祐治さん

8月17日号

望月 理さん

海老名市自治会連絡協議会の会長を務める

望月 理さん

8月3日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせイベント

読み聞かせイベント

9月20日 マルイで初開催

9月20日~9月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク