海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

海老名市消防団の第32代団長に就任した 井上 勇人さん 社家在住 48歳

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena

仲間とともに地域を守る

 ○…ボランティア精神のもと、地域の防災力向上に努め市民の暮らしに安心と安全を陰ながら支えてくれている「消防団」。これまで団員の多くは地元農家や商業者が中心となっていたが、近年では会社員や学生が増えてきており、女性団員も3人が所属している。「以前と違い、消防団の在り方が時代とともに変わってきている。活動する全分団にポンプ車が配備されていることなど、資機材の優遇は県内でも恵まれている。道具を活かせる気持ちをもった人材で構成されています」と自信に満ちた表情を見せる。

 ○…市内社家で生まれ育ち、高校卒業後は父が水道業を営んでいた事から同じ道へ。一旦、外で修業した後、22歳の時に家業を手伝うことになると同時に、職場関係の紹介で消防団に入団した。社家地区12分団に20年在籍、4年間の本団副団長の経歴を経て、第32代団長に就任した。「出動現場や操法大会など、思い出は様々だけれども、最大の財産は『仲間』ができた事。年齢や職業も違うものの、同じ志をもつ人たちと時間を共にできるのは消防団の魅力の一つ。一人でも多くの方に興味を持っていただきたい」と熱弁する。

 ○…家業を継いだのは35歳の時。若くして父を亡くし、代表へ。当時の同業者の中では断トツで若く、周りの人によく可愛がられたという。現在は県管工事協同組合の理事なども務めている。「沢山の人に恵まれて育てられてきた。様々な活動を通して地域に恩返しができれば」と話す。

 ○…今も昔も仕事と消防団の活動で手帳のスケジュールは一杯の状況。「活動を一番に支えてくれる家族には頭があがりませんね。団員にも『家族を大切に』とは口酸っぱく伝えています。地域を守るには、まず家族からですね」と笑った。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク