海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

海老名市消防団の第32代団長に就任した 井上 勇人さん 社家在住 48歳

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena

仲間とともに地域を守る

 ○…ボランティア精神のもと、地域の防災力向上に努め市民の暮らしに安心と安全を陰ながら支えてくれている「消防団」。これまで団員の多くは地元農家や商業者が中心となっていたが、近年では会社員や学生が増えてきており、女性団員も3人が所属している。「以前と違い、消防団の在り方が時代とともに変わってきている。活動する全分団にポンプ車が配備されていることなど、資機材の優遇は県内でも恵まれている。道具を活かせる気持ちをもった人材で構成されています」と自信に満ちた表情を見せる。

 ○…市内社家で生まれ育ち、高校卒業後は父が水道業を営んでいた事から同じ道へ。一旦、外で修業した後、22歳の時に家業を手伝うことになると同時に、職場関係の紹介で消防団に入団した。社家地区12分団に20年在籍、4年間の本団副団長の経歴を経て、第32代団長に就任した。「出動現場や操法大会など、思い出は様々だけれども、最大の財産は『仲間』ができた事。年齢や職業も違うものの、同じ志をもつ人たちと時間を共にできるのは消防団の魅力の一つ。一人でも多くの方に興味を持っていただきたい」と熱弁する。

 ○…家業を継いだのは35歳の時。若くして父を亡くし、代表へ。当時の同業者の中では断トツで若く、周りの人によく可愛がられたという。現在は県管工事協同組合の理事なども務めている。「沢山の人に恵まれて育てられてきた。様々な活動を通して地域に恩返しができれば」と話す。

 ○…今も昔も仕事と消防団の活動で手帳のスケジュールは一杯の状況。「活動を一番に支えてくれる家族には頭があがりませんね。団員にも『家族を大切に』とは口酸っぱく伝えています。地域を守るには、まず家族からですね」と笑った。

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

小島 利夫さん

海老名市の市制施行50周年冠事業に応募し、記念クッキーを商品化した

小島 利夫さん

海老名市杉久保北在住 66歳

10月22日号

古山 豊さん

10月30日から綾瀬市民展示ギャラリーで写真の個展を初開催する

古山 豊さん

綾瀬市吉岡在住 73歳

10月15日号

益淵 隆徳さん

海老名警察署の第17代署長に就任した

益淵 隆徳さん

海老名市大谷在勤 58歳

10月8日号

後藤 哲雄さん

座間市の芹沢公園での美化活動に貢献する

後藤 哲雄さん

座間市東原在住 83歳

9月24日号

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

新型コロナワクチン接種情報

10月24日(日)接種分からモデルナ社製へ変更となります。

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/menu000035600/hpg000035508.htm

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook