海老名版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

相模川 アユ、過去最多の遡上 きょう「アユ釣り解禁」

社会

「今年も必ず楽しめる」と太鼓判を押す
「今年も必ず楽しめる」と太鼓判を押す
 初夏の風物詩で市内外から多くの人が訪れる「相模川のアユ釣り」が、きょう6月1日に解禁を迎えた。今年は過去最多のアユの遡上が確認されており、多くの太公望の姿が見られそうだ。

 アユの遡上状況を確認するため、漁業協同組合員が毎年4月初めから6月までにかけて相模大堰(市内社家)で群れの数を目視でカウントしている。今年は5月13日時点での遡上数が約4530万尾となり、1999年の観測以来、最多だった2002年(2185万尾)の倍以上を記録した。

 正確な激増理由は分からないものの、相模川第2漁業協同組合では「昨年11月の台風により、川が増水し卵が大量に下流に流された。海に出てからの生活環境は分からないが、上手い具合に生き残れて稀にみる遡上になったと思う」と分析する。

天然モノを確認

 5月26日にはアユの状態を確かめる「試し釣り」が同組合によって実施された。エラ近くの黄色い模様や赤く色づいたアブラヒレなど、天然ものの証を確認。釣果ではアユの数はものすごく多い事が確認されたものの、大きさは例年よりも小さく10cmほどだった。同組合では「数の分だけ成長が遅れているかも。これからの天気により藻が育ち、アユも成長することに期待。いずれにしても、釣り人たちが楽しめるのは間違いない」と笑顔を見せる。

 毎年アユ釣りに行く人は「相模川はアユ釣りの名所。6月1日が本当に待ち遠しかった。今年は過去最多の遡上ということもあり、期待大」と話す。

 アユ釣り期間は10月14日までで、シーズン中もアユの放流が行われるという。釣りをするために必要な遊漁券(1日券1500円)は川沿いのコンビニなどで販売される。問合せは同組合【電話】046・210・3033へ。

5月26日の試し釣り
5月26日の試し釣り

海老名版のトップニュース最新6件

初の市親善交流大使に

DA PUMPメンバーKENZO氏

初の市親善交流大使に

9月21日号

「神奈川がんばる企業」認定

市内2社

「神奈川がんばる企業」認定

9月21日号

世界3位の快挙

杉久保小出身山口さん所属ダンスチーム

世界3位の快挙

9月14日号

ミズオオバコが開花

絶滅危惧種

ミズオオバコが開花

9月14日号

陸上競技場の改修整備へ

市議会9月定例会

陸上競技場の改修整備へ

9月7日号

杉久保小、開校40周年

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

えびフェス、24日に開催

ダンスコンテスト

えびフェス、24日に開催

海老名駅西口中心広場で

9月24日~9月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク