海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 11月30日に開業 乗換回数の減少・所要時間の短縮に

社会

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)と東日本旅客鉄道(株)で進めている取り組み「相鉄・JR直通線」が、今年11月30日に開業すると発表された。これにより始発駅となる”海老名駅”でも利便性の向上が図られることになる。

 「相鉄・JR直通線」は、相鉄線・西谷駅と新駅の羽沢横浜国大駅間に新たに連絡線を設けることで、相鉄線とJR線の相互直通運転を実施するもの。神奈川県央部と東京都心部の直結によりさらなる広域鉄道ネットワークが構築され、所要時間の短縮や乗換回数の減少といった利便性の向上が期待されている。

 この直通線が開通すれば海老名駅の利用者にとってもメリットは大きい。これまで海老名駅から相鉄線を利用し渋谷や新宿などの東京方面に向かう場合には、横浜駅を経由する必要があったが、直通線が開通すれば乗り換えることなく1本で行くことが可能になる。乗換回数の減少により所要時間が短縮されるだけでなく、始発駅の海老名駅は座れる可能性も高まるため、快適な電車利用が実現する。

 開通は11月30日で、運行頻度(片道)は朝のラッシュ時には1時間に4本程度、その他の時間帯は2〜3本程度を予定している。

 さらに相模鉄道では、羽沢横浜国大駅から新駅の新横浜駅(仮称/現在の新横浜駅付近に新設)を経由し東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間を結ぶ連絡線を新たに設け、相鉄線と東急線が相互直通運転を行う「相鉄・東急直通線」の開業も2022年度下期に予定。この路線を活用すれば、横浜駅を経由することなく海老名駅から東海道新幹線の停車駅である新横浜まで行くことができるため、新幹線へのアクセスもこれまでより大幅に向上する利点がある。

専用車両は今春運行予定

 すでに相模鉄道では相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」の完成を発表しており、同車両はかしわ台車両センター(相鉄線かしわ台駅構内)に輸送されている。

 能面をイメージしたデザインで、相鉄線初となる前方監視カメラ・車内防犯カメラの搭載、ホームドア設置駅での自動停車可能な装置への対応がなされている。4月20日から相鉄線内で運転を開始する。

専用車両の「12000系」
専用車両の「12000系」

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

分担金変更案を否決

高座清掃施設組合議会

分担金変更案を否決 社会

ごみ減量実績めぐり白熱

4月9日号

成人フェス開催へ

成人フェス開催へ 社会

座間RCなど地域団体で盛り上げ

4月9日号

10年ぶり全国制覇

日本の大動脈と連結

日本の大動脈と連結 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

5世代の車両一堂に

ロマンスカーミュージアム

5世代の車両一堂に 経済

国内最大級の沿線ジオラマも

4月2日号

フォトコンで元気を

綾瀬市商工会青年部

フォトコンで元気を 経済

桜まつり代替えで初開催

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 綾瀬スマートIC

    神奈川県議会議員 綱嶋洋一   県政報告

    綾瀬スマートIC

    今後の課題と展望

    4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク