神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

パラグアイで創作オペラを公演する 甘利 真美さん 海老名市国分寺台在住 

公開:2024年1月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

和製オペラ、世界へ響け

 ○…世界情勢を告げるニュースから、「平和のために何ができるか」を考えさせられた。昨秋、「文化交流で友好の絆を深めたい」と、行動を起こした。世界各国の日本大使館にメールで思いを伝え、南米パラグアイの公演にこぎつけた。自らつくる創作オペラを携え、6月に現地で公演を開く。「たくさんの人に観てもらい、日本の文化に興味を持ってもらえたら」と、期待が膨らむ。

 ○…オペラとは10代で出会った。世界でも屈指の人気を誇る「カルメン」の公演に心が動いた。日本人が日本語で海外の作品を演じていたことが琴線に触れ、「日本の物語をなぜ公演しないのか不思議に思った」。その後はピアノ教室やコーラスの指導など音楽に携わり続け、「音楽人生の集大成として日本のオペラを作りたい」と、海老名に伝わる「尼の泣き水」を題材にオペラを作り、2005年に公演を開いた。

 ○…大阪市出身で母と2人で市内に暮らす。趣味は幼少期から習い始めたバレエで、10年ほど前に再びチャレンジを始めた。再びトウシューズを履き、レッスンを重ねた。「もう履くことはないと思っていたので嬉しかった」。問わず語りにバレエの魅力を語りだし、「体が動かなくなるまで続けたい。生まれ変わったらバレリーナになる」とも。

 ○…オペラやクラシックは敷居が高い、そう考える人が増えていると実感している。だからこそ、日本の物語を元にオペラを作り、日本人の心情を発露させる作品で「親しみやすい公演」を標榜し、今回の公演には思いが詰まった浴衣を多く持参する計画だ。こうした和製オペラをさらに世界へと広げ、心に残り続ける作品や、世界で活躍する人材も輩出したいと考えている。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

吉久 治朗さん

ロマンスカーミュージアムの館長に4月1日付で就任した

吉久 治朗さん

海老名市めぐみ町在勤 58歳

4月19日

加藤 謙次さん

海老名市の給食調理施設「食の創造館」の館長を務める

加藤 謙次さん

海老名市在勤 45歳

4月12日

斉藤 武夫さん

小園地蔵堂保存会の会長を務める

斉藤 武夫さん

綾瀬市小園在住 71歳

4月5日

三橋 秀子さん

3月31日に開催する「あやせ中央公民館まつり」の実行委員を務める

三橋 秀子さん

綾瀬市寺尾中在住 74歳

3月29日

Nomoさん(本名:井上のも(乃茂))

月刊少年エースでマンガ「理香さん、結婚してください!」を連載する

Nomoさん(本名:井上のも(乃茂))

海老名市在住 28歳

3月22日

増茂(ますも) 邦雄さん

「ざま子育てフェスティバル」の実行委員を務める

増茂(ますも) 邦雄さん

座間市相模が丘在住 63歳

3月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬で初公演

ロジェ・ワーグナー合唱団 好評発売中

綾瀬で初公演

心に響くゴスペルなど

4月28日~4月28日

海老名・座間・綾瀬版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook