厚木版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

地元合唱団が協演 市内初の「音楽宅急便」

文化

新日本フィルハーモニー交響楽団と協演する地元合唱団
新日本フィルハーモニー交響楽団と協演する地元合唱団

 クロネコファミリーコンサート「音楽宅急便」が6月13日、厚木市文化会館で行われ、市民など約1000人が訪れた。

 このコンサートは、ヤマト運輸『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親である故小倉昌男さんが、本格的な大人向けクラシックコンサートを日本全国に届け音楽で地域に恩返しをしようと1986年から開催してきたもの。公演回数はこれまでに277回。市内では初めての開催となった。

 毎回開催地に近い合唱団に声がけをして地域一体となって盛り上がる同コンサート。地元合唱団の「Healing Friends」「浅間山児童館合唱団」「まつかげ台児童館合唱団」の楽団員33人が、新日本フィルハーモニー交響楽団と協演し、合唱組曲「あめつちのうた」を披露すると、観客は真剣な表情で演奏に聴き入っていた。

 三田在住の長谷川真由美さん(48)は「地元に密着していてとても良かった。音楽の楽しさが再発見できました」と笑顔で話した。

 開演前には、ヤマト運輸関東支社長の田中一典さんが挨拶し「皆さんのご支援があってこそ。家族で楽しんでください」と話した。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク