厚木版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

歴史・芸能を後世に 水害乗り越えた地域の絆 玉川の大洪水から72年

文化

水害時の玉川地区・小瀬村初男著『玉川河川水害史』より
水害時の玉川地区・小瀬村初男著『玉川河川水害史』より

 近年、各地に被害をもたらしている集中豪雨。厚木市内でも、かつて大洪水により被災した地域がある。旧玉川村(現在の七沢・小野・岡津古久)だ。このとき約3000人の住民を救ったのは地域の絆だった。

 太平洋戦争が始まろうとしていた昭和16年。玉川村は食糧増産の施策として、田畑が広がっていた。当時10歳だった原田カネさん(小野在住82歳)は「村を流れる玉川はとてもきれいで、ウナギやアユを獲って食べていた」と振り返る。しかし玉川は厳しい顔も持っていた。当時は蛇行していて、たびたび氾濫し、年2回は床上浸水をおこしていたという。

 そして同年7月12日、かつてないほどの豪雨が村を襲った。「夜8時頃だったと思う。ゴーゴーと音が鳴り響き、あっという間に水が襲ってきた」と原田さんは話す。ここは危ない―。頼ったのは隣の家だった。「厨子(2階部分)に避難させてもらった。怖い、怖いと身を寄せ合ったことは、今でも忘れられない」。

村一丸となって救援活動

 そのころ、大人たちは情報収集に奔走していた。ついに堤防が決壊し、電話も不通になると、玉川駐在所の佐藤武男巡査(当時44歳)が厚木警察署へ救援要請に向かった。人命救助をしながら川を泳いで渡った記録が残っている。この要請により、厚木町から船が救援に駆け付けた。また青年団や婦人会、被災を免れた地域住民が炊き出しや救援にあたった。「大けがをして帰ってきた父を、警防団が毎日リヤカーで病院へ連れて行ってくれたことを覚えている。救助した父もまた、多くの方に助けられた」と佐藤巡査の次女、武厚子さん(76歳)は話す。

 同年10月、小野地区の家屋の倒壊・流出30棟、犠牲者8人、全耕地を水浸させたこの洪水を教訓に、河川改修を開始、のちに現在の流路に整備された。

 自然は人々に安らぎを与えるだけでなく、ときに牙をむく。そんなときに大切なのは「助けあう心」だ。私たちは、そのことを忘れてはいけない。
 

現在の玉川。住民の手で定期的に草刈りや清掃が行われる
現在の玉川。住民の手で定期的に草刈りや清掃が行われる

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク