厚木版 掲載号:2014年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

HV(ハーバード)大院生ら工科大に 石上純也氏設計のKAIT工房を見学

開放的な空間を見渡す院生
開放的な空間を見渡す院生
 米国ハーバード大学大学院生ら14人が3月19日、神奈川工科大学KAIT工房(厚木市下荻野)の見学をするために同学を訪問した。

 これはKAIT工房を設計した建築家石上純也氏が現在ハーバード大学大学院の客員教授を務めており、院生たちは「KAIT工房」を実際に見るために来日し、石上氏が案内したもの。

 石上純也氏は厚木市鳶尾出身。厚木高校卒業後、武蔵工業大学(現東京都市大学)から東京藝術大学大学院へ。04年に(株)石上純也建築設計事務所を設立。09年神奈川文化賞未来賞を受賞、10年には建築界で最も歴史あるヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で金獅子賞を受けるなどしている若手建築家。

 KAIT工房は強く若者に訴求するデザインで学生たちに刺激を与え、ものづくりに興味をもつきっかけになるようにとの目的で、同大学が設計を石上氏に依頼し2008年竣工。2002平方メートルの室内には305本の白い柱がランダムに立つ空間。外装はガラスカーテンウォール。内部が素通しで見える創作活動専用施設。

 当日、東南アジア出身で初来日という女子学生は「このような機会に恵まれたのはとてもラッキーに思う」と話し、韓国出身の男子学生は「柱は樹木のように見えますね。開放的でとてもいい感じです。想像していたより小さく感じる」と話した。院生たちは関心深げに写真を撮っていた。

 KAIT工房には一昨年、米国の名門プリンストン大学、3月17日にもコロンビア大学からも来校したばかりという。

 神奈川工科大学学生支援本部の黒古国際担当部長は「世界中の大学や建築工学、建築デザインに関わる研究者、学生がKAIT工房の見学に訪れます。このような注目度の高い施設でものづくりを学べることを本学の学生たちは誇りに思うでしょう」と話していた。

厚木版のトップニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク