厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

zoom up 子どもに平等な学びの場を 無料学習塾「ねこの手」

教育

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
小室善昭代表
小室善昭代表

 「大好きな子どもたちのため、できることはないか」。その思いをもって、中高生を対象とした無料学習塾「ねこの手」を昨年12月から始めた、代表の小室善昭さん(54)。2月5日に行われた3回目の授業には4人の参加があったという。

 普段は、市内で有料の学習塾を営む。近年話題になっている「子どもの貧困」をニュースで知り、「経済的に塾に通うことが難しい人たちの役に立てることはないか」と模索していた。その中で、かつての塾の仲間が無料塾を八王子で開いている話を聞き、「ねこの手」開室を決意した。

 有料塾を開業したのは8年前。以前はソニー厚木テクニカルセンターのエンジニアで、ゲーム関係の開発に携わっていた。元々「子どもが大好き」で、今も監督を続ける少年サッカーチームに関わる中で、「今の仕事は本当に子どものためになっているのか」と疑問を持つように。その頃、会社が希望退職者を募ったのをきっかけに、あっさりと退職。学習塾を開いた。

 塾名「ねこの手」の由来は、自身が猫好きということと、「猫の手も借りたい」から。「どのくらい役に立てるか分からないけれど、こんな手で良ければ貸します」と、目尻を下げる笑顔が印象的だ。また、自身も3人の子どもを持つ父親であり、「自分の経験を活かして、子育てのアドバイスもしていけたら」と話す。今後は、「勉強も好きになってほしい。多くの子どもたちが集まって、賛同してくれる一般の人も来てくれると嬉しいですね」。

 「ねこの手」には、「家庭が経済的に困難」「有料の学習を受けていない」「本人に勉強の意思がある」を満たしていれば参加できる。2月の開室日は、12日(日)と26日(日)。いずれも午後7時から午後9時半までで、場所は市内中町にある厚木市総合福祉センター4階の研修室。希望者は、事前の申し込みが必要。問合せ、申込みは、小室代表【携帯電話】080・5499・4227へ。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook