厚木版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

県内初の最新起震車導入 備蓄 市内各地に用意

社会

清水署長(左)と本橋支店長
清水署長(左)と本橋支店長

 厚木市では、最新式地震体験車を2月7日に導入した。

 体験車は、過去に発災した東日本大震災や熊本、関東、アルジェリア地震などの揺れ方や長さと、CG映像をモニターに映し出し再現。想定される東海や南海トラフ地震のほか、緊急地震速報が鳴ってからの地震なども体験できる。

 発電機や、360度回転し周囲を照らすLED投光器、TVアンテナを搭載しており、災害対応車両としての機能も備える。多様な揺れの再現や災害対応可能な車両の導入は県内初。

 市では、自主防災組織や学校、事業所で実施する防災訓練に体験車を派遣するほか、防災講演も受付ている。

 (問)市危機管理課【電話】046・225・2190

備蓄を呼び掛け

 厚木市では災害時に備え、指定避難所などの防災備蓄倉庫に非常食や生活用品・救助資機材などを備蓄している。

 厚木中央公園・ぼうさいの丘・荻野大型倉庫には、非常食約25万食を備蓄。また本厚木カンツリークラブ・厚木第二小学校・厚木中央公園・ぼうさいの丘公園・相川中学校にはそれぞれ100tを貯める飲料水兼用耐震性貯水槽を備えている。市危機管理課によると、食料・水ともに厚木市民が3日間を耐えられる量があるというが、発災後支援を得られるまでの目安となる7日分の食糧と1人1日3リットルの水、生活用品などの備蓄を呼びかけている。

有事にヤマトが協力

厚木警察署と協定締結

 厚木警察署とヤマト運輸(株)が3月6日、『災害対策における資機材保管に関する協定』の締結式を行った。

 協定は【1】警察署にある緊急交通路確保資機材を、ヤマト運輸の事業所に分散保管【2】分散保管している資機材を、発災時にヤマト運輸の車両で警察が設置する検問所等に搬送【3】各地を走るヤマト運輸の車両が得た被災情報などを共有の3点。

 署が被災した際の危機管理をし、発災時には警察車両が不足しても早期に検問所を設置でき、より多くの被災状況を把握し、有効な災害対策ができる。

 当日は清水昭人署長が「実効性が高まるよう訓練などもしていきたい」と話し、同社の本橋秀己厚木主管支店長は「地域に貢献できれば」とコメントした。
 

3次元の揺れが初めて可能に
3次元の揺れが初めて可能に

厚木版のローカルニュース最新6件

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク