厚木版 掲載号:2018年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

中町 大型バス発着場が完成 4月1日に供用開始

経済

整備された中町大型バス発着場
整備された中町大型バス発着場
 厚木市が保健センター跡地に整備していた「中町大型バス発着場」がこのほど完成し、4月1日(日)に供用を開始する。

 発着場は中町第2-2地区にある、市保健福祉センターの北側に整備。旅行業者が主催するバス旅行の観光バスや、企業・大学の送迎バスなどが対象。敷地面積1575平方メートルに、発着場9区画を確保。このほかに、保健福祉センターの検診車両3台分のスペースも配置した。

 発着場の運営は、一般社団法人厚木市観光協会が行う。使用料は企業・大学のバスで中型以上が月に5万4千円、マイクロが月に3万2400円、ツアー観光バスが一日あたり2160円などそれぞれの条件で異なる。詳細は同協会のホームページに掲載されている。

 市は発着場を整備することで、市民の利便性の向上や、観光振興、中心市街地の活性化に役立てたい考え。市ホームページや企業訪問の際などに、利用を働きかけていくという。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク