厚木版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

開け、文学の扉 郷土の作家、和田傳を追って

教育

上・下/写真と作品で生涯を追う「ふるさとの文学コーナー」=厚木市立中央図書館2階
上・下/写真と作品で生涯を追う「ふるさとの文学コーナー」=厚木市立中央図書館2階
 厚木市恩名出身で作家の故・和田傳の寄付金により設立された和田傳文学賞。厚木市教育委員会では、詩や作文などの作品を募集している。

 対象は、厚木市内在住の小中学生(市外に通学していても可)。募集作品は、小学生が詩と作文、中学生はそれに短歌と俳句が加わる。テーマは自由、感じたことを自分の言葉で表現すること。作文は400字詰め原稿用紙5枚程度(小学1〜3年は3〜5枚)、詩は枚数自由(原稿用紙を使用)。短歌と俳句は原稿用紙1枚に作品と解説文を併記する。応募票は公民館などに配架。提出は市役所第2庁舎4階の教育指導課へ、9月20日(木)締切り。詳細・問合せは同課【電話】046・225・2675へ。

 厚木市立中央図書館2階の「ふるさとの文学コーナー」では、写真や直筆の書などで在りし日の和田傳を紹介している。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク