厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

妻田薬師 えっ? お目ん玉売場? 「眼病に効く」伝統行事に長蛇の列

文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
これが「お目ん玉」の正体。1パック12個入りで300円。地域住民の手作りで、もちろん無添加。焼いても茹でてもおいしい。「眼病」に効くから、必ず一度に2つ食べるのが習わしだそうだ
これが「お目ん玉」の正体。1パック12個入りで300円。地域住民の手作りで、もちろん無添加。焼いても茹でてもおいしい。「眼病」に効くから、必ず一度に2つ食べるのが習わしだそうだ

 思わず目を疑ってしまうような売場が、10月12日に妻田薬師に現れた。

 その売場の名は「お目ん玉売場」=写真上。1パック300円と書かれている。発売時間の午後2時になると買い求める長蛇の列が――。しかも皆、5パック、6パックとかなりの量を買い求めている。

 この日は妻田薬師の縁日。法会の後、伝統行事である「お目ん玉交換」が行われた。その由来が売場に貼りだされている。「薬師如来がまだ菩薩であったころ、十二の大願をたてたとされ、その七番目の願いに”病のものも名前を聞けば患いが除かれて”とあり、家族の無病息災はもとより、眼病に効くといわれています」とある。

 「お目ん玉」とは眼球のことで、団子を眼球に例えた供え物。かつては、各家庭で団子をつくり、薬師さんへ供え、他家の団子と交換していたことから「お目ん玉交換」といわれているそうだ。現在の団子は妻田薬師保存会の会員や地元自治会総出での手作りで、伝統が守り継がれている。販売された686パックはもちろん完売した。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

商業者支援に引き続き尽力

商業者支援に引き続き尽力 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月22日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月22日号

更なる活気を作り出す商店会に

更なる活気を作り出す商店会に 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月22日号

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて 社会

厚木市全国県人会連合会会長 野澤 浩

1月22日号

農業・地域に欠かせないJAを目指して

農業・地域に欠かせないJAを目指して 社会

県央愛川農業協同組合代表理事組合長 馬場 紀光

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク