厚木版 掲載号:2018年11月2日号
  • LINE
  • はてぶ

映画.comシネマ閉館へ 会員証・招待券は期限まで有効

文化

ロビーに置かれている「みんなのノート」。利用者らから閉館を惜しむ声が多く書き込まれている
ロビーに置かれている「みんなのノート」。利用者らから閉館を惜しむ声が多く書き込まれている

 市内唯一の映画館、アミューあつぎ9階の「アミューあつぎ映画.comシネマ」が11月9日(金)の上映をもって閉館することになった。現在同映画館を運営している(株)シーズオブウィッシュの撤退に伴うもの。厚木市が10月23日に発表した。12月下旬には、新運営会社により新たな映画館が開館する。

 同館は2008年に閉館した厚木テアトルシネパークの再生事業者として、14年にアミューあつぎのオープンとともに開館。以来、シネコンとは一線を画したミニシアター、地域に根差した映画館として親しまれてきた。(株)シーズオブウィッシュの青山大蔵代表は本紙の取材に「”地域のコミュニティの場としての映画館”としてお客様との交流を重視し、スタッフの人材育成にも力を入れてきた。信念を貫くため自社のみで経営してきたが、資金繰りの悪化で撤退を決断した」と話した。

 利用者は地域のシニア層も多く、年間シネマ会員は述べ6900人。会員証の有効期限までは新映画館で特典が受けられる。市の発表によると「新映画館の運営会社や映画館の名称、開館日などは、決まり次第発表する」としている。
 

交流場となっているロビーに貼りだされた感謝のメッセージ
交流場となっているロビーに貼りだされた感謝のメッセージ

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク